アート・カルチャー

本場ドイツの賑わい「東京クリスマスマーケット2015」が日比谷公園で開催中

更新日:

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

ドイツで中世から続くヨーロッパの伝統的なお祭り「クリスマスマーケット」が、東京の日比谷公園に初上陸。

開催期間は2015年12月11日(金)〜25日(金)までで、誰でも無料で入場できます。

スポンサーリンク

ヨーロッパのクリスマス気分を満喫できる「クリスマス マーケット」ではクリスマスツリーはもちろん、伝統的なお菓子やクリスマスグッツが販売されています。

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

ドイツをはじめヨーロッパ各地にある「クリスマスマーケット」は、中世から続く伝統的なお祭りです。

中でもドイツのクリスマスマーケットは世界最大のものから最古のものまで、全国150ヶ所で開かれる一大イベントなんだとか。

ちなみにドイツでは「Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)」と言われています。

どこの街でも、中心部の広場では特徴的なクリスマスツリーや、イルミネーション、そして小さな売店が軒を重ね、11月末からクリスマス本番まで欠かせない風物詩となっています。

ロマンティックなイルミネーションに囲まれ、グリューワイン(ホットワイン)で体を温め、クリスマスプレゼントを選ぶのもいいかもしれませんね。

■クリスマス名物

シュートレン

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

1329年にドイツのあるキリスト教の司教に、クリスマスのプレゼントとして贈られたのがシュトーレンだっととの記述が残っています。

レーズンやレモンピール、ナッツなどが入ったずっしりとりとしたケーキで、雪をイメージして
上から白い粉砂糖をかけたもので、日持ちのする焼き菓子なので、薄く切って毎日少しずつ食べます。

ドイツのクリスマスは苺のショートケーキではなく、この「シュトーレン」をクリスマスに食べます。

レープクーヘン

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

クリスマスの定番菓子「レープクーヘン」。
蜂蜜、スパイス、オレンジ・レモンの皮、ナッツを使ったクッキーで、クリスマスに飾ることで有名です。
形や材料の割合によって様々なクッキーがあります。

グリューワイン

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

「グリューワイン」とはホットワインのことで、シナモンやオレンジなどのスパイスが入っています。
クリスマスには欠かせない飲み物で、アルコールなしの子供用の「グリューワイン」もあるそうです。

マグカップ

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

場所によりますが、グリューワインは通常マグカップに入れて渡してくれます。

カップを返却すればデポジットが返ってくる仕組みですが、マーケットによって柄が違うので持ち帰りコレクターにしている人もいます。

クリッペ

本場ドイツ、東京クリスマスマーケット2015、日比谷公園開催中

キリストやマリア様などのミニチュアの人形の家。

よく見かけるキリストの生誕シーンを現したものです。

詳細
場所:日比谷公園噴水広場

開催期間:12月11日(金)〜12月25日(金)

開催時間:12:00~22:00(雨天決行)

入場:無料

アクセス:日比谷線または千代田線 日比谷駅 A14出口より 徒歩約1分
丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2出口より 徒歩約5分
都営三田線 内幸町駅 A7出口より 徒歩約5分
JR東京駅 丸の内口より 徒歩約20分
JR有楽町駅 日比谷口より 徒歩約10分

最後に

寒いこの時期最後のイベントといえば「クリスマス」。
この日比谷の「クリスマス マーケット」は本場ドイツをイメージした本格的な雰囲気が楽しめると思います。
カップルや友人たちと夜の街に繰り出してみてはいかがでしょうか。

-アート・カルチャー
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.