チョコレート

フランス生まれの「ジャコー社」は最高品質のトリュフや、ビーガンチョコレートなど幅広く研究しているトップチョコレートメーカー

更新日:

フランス生まれ、ジャコー社、最高品質のトリュフ、ビーガンチョコ、新しい研究

「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)は1920年フランスで生まれたチョコレートで、ジャコー社はフランスではチョコレート菓子のトップメーカーでもあります。

なかでも有名なのは、ゴールドのパッケージで中にキノコ型のトリュフチョコレートが入った商品は日本の「成城石井」や「カルディコーヒー」などでも販売されています。

スポンサーリンク

最高品質の微細なチョコレートにココアパウダーを振りかけた「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)のトリュフチョコレートは上品で、バレンタインデーやギフトに選ぶ方が多いです。

今日ご紹介するのは「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)のタブレットチョコレート(板チョコ)です。

「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)のタブレットタイプはとても珍しく、見つけたのはタイ、バンコクのスーパーマーケットでミルクチョコレート一種類のみ販売されていました。

フランス生まれ、ジャコー社、最高品質のトリュフ、ビーガンチョコ、新しい研究

ブランド名:Jacquot Chocolate(ジャコーチョコレート)
アーソート:Milk Chocolate(ミルクチョコレート)
原産国:フランス
内容量:100g
購入価格:89バーツ

フランス生まれ、ジャコー社、最高品質のトリュフ、ビーガンチョコ、新しい研究

カカオの風味が強く、ミルクチョコレートでもビターで固めのチョコレートに仕上がっています。
ドイツの「リッタースポーツ」やスイスの「リンツ」に比べると、ミルクの滑らかさでは劣りますが、癖になる味をしています。
アソートはミルクチョコレートの一種類のみなので、比べることができませんが、チョコレートに深みがあるため、大人のミルクチョコレートといった感じです。

フランス生まれ、ジャコー社、最高品質のトリュフ、ビーガンチョコ、新しい研究

見た目

鮮やかなブルーのパッケージに、白文字で「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)と書かれたシンプルなタブレットチョコレートです。
日本でも販売されているゴールドのトリュフチョコレートとは違い、カジュアルで日常的におやつやお菓子作りに使えそうなチョコレートです。
中のタブレットもストライプ模様が入っているだけで、いたってシンプルにできています。
厚みはフランスらしく薄めで、1ブロックも小さめにカットできます。

最後に

「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)のカカオは風味の強い、アフリカや南米のカカオを使っているため、苦味とキレがあります。
他にもvegan(ビーガン)菜食主義で卵や乳製品も一切口にしない、絶対菜食主義の人用にビーガンをうたったチョコレートを開発したり、「Jacquot Chocolate」(ジャコーチョコレート)は時代に合わせた、品質の良いチョコレートを作りつずけています。

-チョコレート
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.