チョコレート

大衆向きのドイツチョコレート「シューネコッペ」

更新日:

大衆向き、ドイツ、チョコレート、シューネコッペ

今日ご紹介する輸入チョコは、ドイツの「Schneekoppe」(シューネコッペ)です。

※読み方が正しいかは不明。

それにしてもドイツ発祥のチョコレートメーカーの多さには驚かされます。

その代表格といえば「Milka(ミルカ)」「Alpia(アルピア)」「Hussel(フッセル)」「Sarotti(サロッティ)」「Kinderschokolade(キンダーショコラーデ)」「Riegelein(リーゲライン)」「Schogetten(ショーゲッテン)」などなど。

それもどのメーカーのチョコを食べても、ハズレがないレベルの高さ。

今回も期待できそう。

大衆向き、ドイツ、チョコレート、シューネコッペ

「Schneekoppe」(シューネコッペ)は、1927年フリッツ・クライン氏によりドイツのブーフホルツで創業しました。

現在販売エリアはアメリカ、アジア、東ヨーロッパだけではなく、マルタ、スペイン、キプロスにまで広がっています。

またチョコレートだけではなく、自然食品、グルテンフリー&ラクトースフリー、シリアルバー、幼児食品の製造・販売も行っています。

天然の果糖は甘味料のみに使用し、チョコレートの製法にもこだわりがあります。

スポンサーリンク

なので、糖尿病患者やダイエッッターにもおすすめなんだとか。

■シューネコッペのタブレットチョコレート
・エキストラダーク74%カカオ
・ビタースイート
・フルクリームミルクナッツ
・プラリネ
・ストロベリーヨーグルト
・フルミルク
・ビター

大衆向き、ドイツ、チョコレート、シューネコッペ

ブランド :Schneekoppe(シューネコッペ)
アソート :Strawberry Yoghurt(ストロベリーヨーグルト)
原産国 :ドイツ
内容量 :100g
カカオマス :不明
カロリー:540kcal
購入価格 :125バーツ
ホームページ :schneekoppe

大衆向き、ドイツ、チョコレート、シューネコッペ
ベースはミルクチョコレート。
時間差で甘酸っぱい味わいを放つストロベリーヨーグルトクリームが隠されています。
なめらかなチョコの口どけに、ストロベリーヨーグルトのシャリシャリした食感が組合わさります。
後味は若干甘たるさが残りますが、なぜかクセになる一品です。
こんなに甘いのにダイエッター向けとは考えられませんが。

見た目

大衆向き、ドイツ、チョコレート、シューネコッペ
どこにでもあるようなありきたりなパッケージですが、見ただけでドイツとわかるような印象を受けました。
「Schneekoppe」(シューネコッペ)という言葉は雪山という意味なのか、山の絵が会社のロゴになっています。
紙の包装を開くと、ざっくりとアルミフィルムに覆われています。
一つのブロックは大きめ。
上にはストライプのシンプルな模様がはいっています。

最後に

他のフレーバーを食べたことがないのでわかりませんが、テイストはどちらかというと子供向けのチョコレートかもしれません。
しかし日本の大衆のチョコレートにも味が似ているところがあって、ついつい食べる手が止まらなくなってしまうのです。
この意外性がお客さんの心を掴んだのでしょうか。

-チョコレート
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.