Book

奥が深い人間ストーリー「まぐだら屋のマリア」原田マハ

更新日:

奥が深い、人間ストーリー、まぐだら屋のマリア、原田マハ

今日ご紹介する本は、原田マハさんの「まぐだら屋のマリア」です。

タイトル :まぐだら屋のマリア
著者 :原田マハ
出版社 : 幻冬舎
出版日 :2011年7月26日
Kindle価格 :496円
ジャンル :文庫

原田マハ(はらだ まは)

1962年7月14日東京都小平市生まれ。

日本の小説家、キュレーター、 カルチャーライター。

2003年カルチャーライターとして執筆活動を開始。

2005年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー賞を受賞。

著書に「楽園のカンヴァス」「ジヴェルニーの食卓」「暗幕のゲルニカ」「リーチ先生」などがある。

ウィキペディア: 原田マハ

内容紹介

奥が深い、人間ストーリー、まぐだら屋のマリア、原田マハ
“尽果”バス停近くの定食屋「まぐだら屋」。

様々な傷を負った人間が、集まってくる。

左手の薬指がすっぱり切り落とされている謎めいた女性・マリア。

母を殺したと駆け込んできた若者。

乱暴だが心優しい漁師。

そしてマリアの事をひどく憎んでいる老女。

人々との関わりを通して、頑になっていた紫紋の心と体がほどけていくが、それは逃げ続けてきた苦しい現実に向き直る始まりでもあった。

生き直す勇気を得る、衝撃の感涙長編。

美人で清い雰囲気のマリア。

しかし、過去が陳腐過ぎて、その事実を知ってからマリアの見方が変わってしまいました。

でも人間なんてみんな重い過去を背負っていたり、人には言えない負の思い出の1つや2つあります。

誰かにとっては素晴らしく良い人でも、他の誰かにとっては憎らしい。

どんどん読み手を引き込むような内容で、のめりこんでいきます。

たった数名の登場人物と拠点で、これだけの物語を描ききる原田さんはさすがです。

あとがき

個人的な意見ですが、原田さんの作品はどれも読みやすく、すぐに物語に入り込めます。
人間ドラマ、料理、恋、いじめ問題など様々な内容が盛り込まれていて、最後まで飽きずに一気に読めました。

-Book
-

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.