Sweets

時代と共に変化を遂げる「コンビニスイーツ」ローソン

更新日:

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン

最近、男女問わずスイーツ人気が定着しつつある日本。

しかし、洋菓子店いわゆる「街のケーキ屋さん」が次々に倒産しているというニュースを耳にしました。

コンビニ スイーツの台頭による、客足の変化が要因のひとつだといいます。

コンビニ各社は有名ブランドや人気パティシエとのコラボなどを定期的に揃え、「プチ贅沢」需要を狙った高価格帯商品も人気が出てきています。

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン

要は、わざわざ洋菓子店で箱に入ったケーキを買うより、身近にあってリーズナブルに買えるコンビニスイーツの方が手軽なのです。

また、SNSによる宣伝効果が高く、入れ替わりが激しいコンビニスイーツは多くの人に目に止まりやすいのです。

パリムッシュ

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
■商品名 :パリムッシュ(ブリュレパイシュー)
■製造会社 :山崎製パン株式会社
■カロリー:312kcal
■税込み価格 :200円

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
■感想
砂糖を焦がしたように焼き上がるパイシートを乗せたシュー生地を焼成した後に生クリームと牛乳、卵黄の風味豊かなとろ~り食感のプリンクリームを注入。
半分にカットしてみると半分は空洞ですが、カスタードクリームは旨味がぎゅっと濃縮されていて美味しいです。
時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
さらにこのパイシューのサクサクという食感と、カラメリゼの大人な甘み全てがマッチしてとても美味しいです。
暖かい紅茶が合いそうです。

チョコ2シュー

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
■商品名 :チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)
■製造会社 :山崎製パン株式会社
■カロリー:377kcal
■税込み価格 :200円

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
■感想
チョコペーストを練り込んだ生地で焼チョコを包んだパフに、生チョコを使用したガナッシュクリームを注入。
さらにダイス状の生チョコをトッピング。

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
まさにチョコレート好きにはたまらない、チョコづくしのシュークリーム。
一口食べてみると、甘っ!!!!
甘すぎる。
チョコクリームがねっとりしてて重いです。
もちろんカロリーも高め。
誰かとシェアするくらいがちょうど良いかもしれません。

パリマロ

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
■商品名 :パリマロ(パリパリマシュマロ大福)
■製造会社 :山崎製パン株式会社
■カロリー:151kcal
■税込み価格 :160円

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
■感想
ふわふわのマシュマロ生地でミルククリームを包み、パリパリのビターチョコでコーティングして仕上げた新感覚スイーツ。
見た目が可愛くて即買いしましたが、食べてみたら大福でもマシュマロでもない、なんとも不思議な食感。
ビターチョコレートのパリパリした食感と、マシュマロのふわふわ食感が面白いです。

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
カロリーも低めで、ライトな仕上がりです。
ただ、リピートするかと言われたらしないかも。
見た目が可愛くて話題性には飛んでいること間違いなし。

アンサーク

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン

■商品名 :アンサーク(あんこ&ホイップのサクサクサンド)
■製造会社 :山崎製パン株式会社
■カロリー:242kcal
■税込み価格 :260円

■感想
パイ生地の表面をキャラメリゼすることで、中のクリーム・あんこの甘さと苦味が絶妙なバランスで口の中で融合します。

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
パイのトップがクイニーアマンのようにサクサクになっているところがポイント。
とっても美味しいです。

時代と共に変化、コンビニスイーツ、ローソン
あんことホイップクリームは甘さ控えめでキャラメリゼの香ばしい甘みが絶妙です。
和のような洋のようなコラボレーションした真新しいスイーツです。

あとがき

最新のローソンの新感覚スイーツはいかがでしたか?
次々と見たこともない真新しいスイーツが登場するので飽きませんよね。
今の時代にはこのようなスピード感と、いかに多くの人が宣伝してシェアしてくれるかにかかっている気がします。
しかし、街の洋菓子店にはこだわりの製法と品質があり、コンビニには出せない味を保っているのは事実です。

-Sweets
-

Copyright© visiomire.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.