タイ移住

世界で最も渋滞が深刻なタイ・バンコクの交通事情

更新日:

タイ、バンコク、世界で最も渋滞が深刻な国

年間2650万人訪れる国タイ。

日本からは、6カ所ある国際空港から毎日20便出航しています。

スポンサーリンク

タイのスワンナプーム国際空港は、世界29の主要空港から都市中心部までのタクシー料金が最も安い国でもあります。

バンコクのスワンナプーム国際空港から市内までは約877円(8ドル)で行け利便性が高いです。

(タクシー、ハイヤー、公共交通機関の移動時間と金額)

バンコクのタクシーは1km当たりの料金が最も安く、27kmの距離を約877円(8ドル)で移動することができます。

そのタクシーも12月13日からついに料金の値上げに踏切りました。

それでも日本と比べれば、気軽に利用できとても便利です。

タイ、バンコク、世界で最も渋滞が深刻な国

都市中心部までのタクシーが約2,194円(20ドル)以下の国

1位 バンコク    約877円(8ドル)

2位 北京      約1,645円(約15ドル)

3位 メキシコシティ 約1,755円(16ドル)

4位 シンガポール  約1,864円(17ドル)

5位 リオデジャネイロ約2,084円(19ドル)

ちなみに空港から市内まで高い国は以下の通りです。

(ハイヤーとタクシー料金と同料金)

マドリッド  約4,167円(38ドル)

ローマ    約5,593円(51ドル)

ニューヨーク 約5,702円(52ドル)

タイ人の平均年収10万円で、90%以上が仏教徒。

アジアの中でも経済発展が著しい国の一つです。

タイ、バンコク、世界で最も渋滞が深刻な国

また交通渋滞が酷い国としても有名で、これは数年前から全く改善されず、バンコクに住む住人にとっては悩みの種です。

渋滞が深刻な国

1位 バンコク(タイ)

2位 ジャカルタ(インドネシア)

3位 ナイロビ(ケニア)

4位 マニラ(フィリピン)

5位 ムンバイ(インド)

バイクの交通量も非常に多く、交通マナーは無いに等しい為、交通事故率は日本の10倍にも上ります。

渋滞は日常茶飯事で、毎日15時頃から悪化します。

特に金曜日の夕方が最も渋滞が酷く、重要な打ち合わせや、帰国のため車で移動する場合は、時間にかなり余裕をもって予定を組むことをお勧めします。

またタクシードライバーも渋滞が激しいところには行きたがらず、乗車拒否か高額にふっかけてくる場合があるのでご注意を。

タイ、バンコク、世界で最も渋滞が深刻な国

最後に

日本からは6時間半のフライトで気軽に来れる南国の国で、物価も安いのが魅力のひとつです。
タイは近代化に伴い、富を掴んだ富裕層と中間層が急激に増えており、その格差は広がる一方です。
バンコクだけは、発展途上国のタイではなく、今や日本以上にタワーマンションが立ち並び、タイらしさは全く感じられずとても残念に思います。

-タイ移住
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.