フード

バンコク再上陸「ビアードパパ」のザクザク食感のスティックシュー

更新日:

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー

エンポリアムデパートは店内改装を経て、日本人に馴染み深いお店ばかりを集めて再スタートしました。

中でもスーパーマーケット「グルメマーケット」やフードコートがある5階はだいぶ変わった気がします。

その中のひとつ日本のシュークリーム専門店「Beard Papas(ビアードパパ)」も2016年12月9 日(金)にオープンを果たしました。

「Beard Papas(ビアードパパ)」は2006年にタイに一度進出し、多店舗展開していたものの、惜しくもタイから姿を消す形となりました。

スポンサーリンク

その後、2016年8月にタイへ再進出し、「ザ・モール」バンカピ店に第1号店をオープンさせました。

「ザ・モール」とは「エンポリアム」や「エムクオーティエ」を運営する”モール・グループ”です。

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー

「Beard Papas(ビアードパパ)」のコンセプトは「いつもできたて、作りたての美味しさを。」

サクサクとした口当たりを生かしながら食べやすい「練り込み型」を独自に開発。

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー

さらに、表面はサックリ香ばしく、中はもちもち食感の世界に一つしかないシュー生地を完成させました。

卵と牛乳で作るカスタードクリームも魅力の一つです。

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー

「エンポリアム」のお店では店内で焼き上げ、大きな機械でクリームを投入する工程も見れます。

■KAZEKAZE(75バーツ)
バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー

スティックタイプのシュークリームは、日本でも数年前に他社が売り出して大行列でしたよね。
それにそっくりのこの商品はどうやらタイ限定発売のようです。

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー
クッキーシューのベースと同じでクリスピーな生地に、中には濃厚でぷるんぷるんのカスタードクリームがはいっています。
出来上がってからしばらく経っているのか、ザクザク食感はなくしっとりとした食感だったのが残念。

主な商品
・パイシュー
・クッキーシュー
・リッチストロベリー
・チョコレート

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー
カスタードクリームのシュークリーム(パイシュー)は55バーツ、リッチストロベリー65バーツでした。

フェイスブックページを見てみると、メロンやマンゴーといったタイならではのテイストも以前販売されていたようです。

店舗概要
住所 :5floor, 622 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110
TEL :02 269 1000
営業時間 :10:00~22:00
定休日 :なし
ホームページ :https://www.facebook.com/BeardPapasThailand(フェイスブック)

バンコク再上陸、ビアードパパ、ザクザク食感、スティックシュー
アクセス :BTSプロンポン駅直結。5階エスカレーター付近。

最後に

BTSプロンポン駅前には「エムクオーティエ」と「エンポリアム」が対面にあり、どちらも駅直でとても便利な複合施設です。
新しくなった「エンポリアム」の5階には、他にもモスバーガーや、リトルマーメード(パン屋さん)、横浜の老舗カツサンドのお店など私たちにとても馴染み深いお店が集結していました。

-フード
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.