タイ移住

辛くない日本人好みのタイ料理なら、シーロム通りの「バナナハウス」がお勧め!

更新日:

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み

タイ料理の味付けの基本はパクチーや唐辛子をいれて、大量の油と味の素が使われているものがほとんどで、それらが入っていない料理はタイ料理とは言えないと地元の人はいいます。

しかし長年住んでいる日本人や欧米人の中には、全くタイ料理を口にしない人もいます。

スポンサーリンク

そこで今日は辛さ控えめで、日本人好みに味付けされたタイ料理レストラン「BANANA HOUSE」(バナナハウス)をご紹介したいと思います。

「BANANA HOUSE」(バナナハウス)の行き方はMRTシーロム駅、もしくはBTSサラデーン駅で降りて、目の前のシーロム通りを西(チョンノンシー側)に進みます。

一番わかりやすい行き方は、まずタニヤプラザをスタートして同じ並びにKFC、サブウェイ、ピザハットを通り越した、次の角を曲がります。

ピザハットと銀行の間の路地裏のような、薄暗入り口がありそこが「BANANA HOUSE」の入り口になります。

見えづらいですが、一応上に緑の看板が立っています。

お店は2階フロアーにあります。

客層はタイ人40%、日本人60%くらいで、私たちがランチで訪れた時はタイ人客しかいませんでした。

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み

■今回注文したもの
・豆のサラダ
・ホーイ・ラーイ
・ガイトート
・カオパットタレー
・ミネラルウォーター
計510バーツ(約1500円)

どれも美味しくて、順位をつけれないのですが、その他にもコムヤーン(豚の喉肉)とトムカーガイ(鶏肉のココナッツミルクのスープ)も以前食べましたが、どちらも美味しかったです。

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み

豆とひき肉のサラダはちょっとピリ辛ですが、歯ごたえがよく、量も沢山入っているので大勢で食べるのにお勧めの料理。

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み

ネットの口コミでも大人気のホーイ・ラーイは、刻みガーリックとハマグリがグツグツしている状態で運ばれています。

一つ一つ蓋をとって、カットされたトーストにつけて食べます。
バターとガーリックとハマグリの風味が在宅な味で、一度食べたらハマってしまう一品です。

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み
バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み

ガイトート(鶏肉のスパイシー揚げ)は、周りの葉っぱをクルクルと巻き取り、中に入った鶏肉だけを食べます。

これは何処のお店で食べてもジューシーで美味しく、タイ料理の中でも日本人好みの味なのではないでしょうか。

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい、日本人好み

カオパットタレーのタレーとはシーフードのことで、大きなエビが沢山入っています。

更に豚肉と卵焼きがのって、何だかお得な感じです。

詳細
住所:68/1 2F シーロムロード、バンコク 10500
TEL:0-2234-9967
営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

バナナハウス、シーロム、辛くないタイ料理、美味しい

最後に

天候に関わらず駅からのアクセスが大変良く、お店の雰囲気も気取った感じがしないので、タイ初心者の日本人を招くときにも最適なお店だと思います。
また昼も夜も予約要らずで、ゆっくりタイ料理を楽しむことができるお店です。
とにかく何を食べても美味しいと自信をもってお勧めできるお店の一つです。

-タイ移住
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.