ライフスタイル

美意識を持つことで、日々のモチベーションを上げる”5つの習慣”とは?!

更新日:

美意識、キレイ、健康、習慣、モチベーション

女性は年齢に関係なく、永遠に美をキープしていたいものです。

スポンサーリンク

美を意識することは、まわりからの目もありますが、何と言っても自分自身のモチベーションを上げ、仕事やプライベートにも影響してくることだと思います。

そこで日々の生活の中で、無理せず手軽に続けられる5つのポイントをご紹介します。

美人の近道、5つの習慣

■食事の前に水飲む

食事の前には、必ず白湯を(または水)を飲む。
水を飲む量を増やすことで新陳代謝が上がり、老廃物がスムーズに排出され、減量にはこの習慣が最も効果的です。

■鏡を見る習慣

鏡を見るときは、笑顔を心がけるようにすると、自表情筋も鍛えられ、自然と外でも笑顔がつくれるようになります。
鏡に前で、あいうえお と大きく口を動かすことも顔のたるみに効果的です。

美意識、キレイ、健康、習慣、モチベーション

■1日2回のブラッシング

ブラッシングは血行を促進させ、健やかで潤いのある髪へと導いてくれる効果があります。
また頭皮と顔は、一枚の皮膚で繋がっていることから、ブラッシングを行うことで顔全体のたるみにも効果的。

■常に姿勢を意識する

お家でも外出先でも常に正しい姿勢を保ち、時間があればストレッチする習慣をつける。
足首を回す、かかとの上げ下げ、座るときは、内ももに意識を集中させるなど、さり気ない動きにも意識するといいです。

美意識、キレイ、健康、習慣、モチベーション

■食事は1日5食

食事はこまめに少量摂るのがお勧め。
また今まで好んで食べていた、添加物食品ではなくナチュラルフードに徐々に移行していくといいと思います。

①卵と脂身の少ない肉

② 乳製品(ヨーグルト、牛乳)

③ ナッツ(アーモンド、ピーナッツ・くるみ)

④ 豆類(豆腐、納豆、きなこ)

⑤ ベリー(いちご・ブルーベリー)

⑥ 色の明るい果物(りんご、みかん、キューイフルーツ)

⑦ 穀物(玄米、全粒粉パン)

⑧ 緑黄色野菜(赤ピーマン、ニンジン、ほうれん草)

美意識、キレイ、健康、習慣、モチベーション

最後に

美と健康はあえてお金をかけてエステや、スポーツジムに行かなくても、毎日のちょっとした週間でそれを改善することができます。
美意識や振る舞いで見た目年齢は変わってきます。
上記の内容を習慣付ければ、苦にならず自然に綺麗で若々しさを保つことができると思います。

-ライフスタイル
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.