タイ移住

バンコクで50年続くフラワーマーケットと、新観光名所「ヨートピーマン・リバーウォーク」を散策

更新日:

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

バンコクを濁流するチャオプラヤー川に新しく完成した「The Maharaj」(ザ・マハラジ)と並ぶ、観光スポット「Yodpiman River Walk」(ヨートピーマン・リバーウォーク)」を、今日はご紹介したいと思います。

「Yodpiman River Walk」(ヨートピーマン・リバーウォーク)」は、バンコクで最も巨大な花市場パーククローンタラート(Pakklon Talad)が裏手に広がっています。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

その歴史は50年前にさかのぼる、バンコクの中でも老舗のマーケットです。

パーククローンタラート(Pakklon Talad)には、お花だけではなく果物や野菜も売買され、山済みになったパイナップルやニンニクなどが路上に積み上がっています。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

「Yodpiman River Walk」(ヨートピーマン・リバーウォーク)」の行きたかは、タクシーか船の二通りあります。

船を使う場合はBTSサパーンタクシン駅から、チャオプラヤーエクスプレスに乗って約10分上流(北)へ向かいます。

船はオレンジや旗なしの船であれば、ほとんどの船着き場に停車します。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

プラ・ポックラオ橋と、プット橋を過ぎた”N6”のYodpiman(ヨートピーマン)で船を降ります。

船着き場と施設は直結しているため、アクセスはとても便利です。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策
バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

タクシーで向かう場合は、Yodpiman(ヨートピーマン)ではあまり通じないので、Pakklon Talad(パックロン・タラート)と伝えると良いと思います。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

タイの商業施設はどこも、アメリカやシンガポールなどの造りを真似した、高級志向で時代の先をゆく内装がほとんどですが、この「Yodpiman River Walk」(ヨートピーマン・リバーウォーク)」は地元住民の反対意見も多く、花市場や歴史を壊さないという条件のもと建てられた施設なんだとか。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

その為、壁、天井、柱のモチーフにはアユタヤ王朝時代のデザインが使われており、そういった内装にもこだわっています。

もう一つの見どころは「Yodpiman River Walk」(ヨートピーマンリバーウォーク)」から見渡せる景色です。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

スポンサーリンク

チャオプラヤー川西湖の歴史をもつ「メモリアルブリッジ」や、200年前からある「サンタクルーズ教会」、有名な観光名所「ワット・アルン」も見渡せ、その景色はダイナミックです。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

自転車置き場かレンタサイクルかわかりませんが、自転車スタンドもあります。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

▪️現在完成しているショップ
メーユイ(Mae Yui)"F
TEL:02-110-0830
化学調味料や添加物を一切使っていない、お母さん秘伝のタイ料理店。

モー&モシ(Mo&Moshi)2F
TEL:02-120-0842
軽食も揃うアイスクリームカフェ。
金魚鉢に入ったフルーツソルベなど、ちょっと変わったデザートもあります。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

サティラ(Satira)1F
TEL:02-110-0822
タイのお土産店として有名な雑貨屋さん「Satira」。
奥には小さなカフェスペースがあり、グランドオープン以降はここでお茶利用もできそうです。
1990年にブランドを立ち上げ、空港や大型商業施設に入っている観光客に人気のお店です。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

その他KFC、スターバックス、ベイクアウィッシュ(ホームメイドケーキ)、マンゴーツリー(タイ料理)、94Coffee(ワッフル&コーヒー)の他に外国人オーナーの雰囲気がよさそうなレストランも数件ありました。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

詳細
住所:Soi Tha Klang, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok 10200
TEL:02-623-6851
営業時間:10:00~22:00
ホームページ:http://www.yodpimanriverwalk.com(英語・タイ語)

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

※4月には裏のフラワーマーケットと連動して、「フラワーフェスティバル」も行われるそうです。

バンコクで50年間続く、フラワーマーケット、新観光名所、ヨートピーマン・リバーウォーク、散策

最後に

「Yodpiman River Walk」(ヨートピーマン・リバーウォーク)」はローカルな花市場が裏手に広がっていますが、ここは観光客向けにつくられた施設で、アジアンティークと王宮のちょうど中間に位置しています。
リバーサイドに沿った横長の造りなので、どこのレストランやカフェに入ってもロケーションは最高によく、特に夕方から夜にかけてとてもロマンチックに演出してくれます。
まだ半分ほどしかお店は出来上がっていませんが、ワットプラケオや中華街まで来たら、ちょっと立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。

-タイ移住
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.