旅行・お出かけ

バンコクから1時間のワンデートリップ「クレット島」の行き方

更新日:

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方

バンコクから1時間弱でアクセス可能なあまり日本人に知られていない観光スポット「Ko Kret(クレット島)」

一歩島内に足を踏み入れるとノスタルジックでのんびりとした雰囲気を味わうことができます。

スポンサーリンク

バンコク在住のタイ人は週末家族で訪れたり、外国人観光客にも人気がある場所です。

また、クレケット島は「素焼き」「お菓子」が特産品ということも有名。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方

ここの島の住民は紀元前2,000年以上も前からの歴史を持つモン族をルーツとする人たちで、懐かしい雰囲気漂うお店や家々が垣間見れます。

今回ご紹介するクレット島は「島」と呼ばれていますが、チャオプラヤー川に浮かぶ中州で、約4.2平方キロメートルの面積に約7,000人が暮らしています。

200年ほど前にチャオプラヤー川に通じる運河を掘削したときに出来た場所なんだとか。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
バンコクからクレット島に行く行き方は、タクシー、バス、BTS、バン、船と色々な手段があります。

ちなみに筆者は行きはバス、帰りはバンをつかいました。

タクシー

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
タクシーは最も簡単で、ローカル慣れしていない人におすすめ。

まずはPakkret(パケット)の「Wat Sanam Nua(ワット・サナームヌア)」という寺院を目指します。

車の場合は渋滞覚悟で時間に余裕をもったほうが良さそうです。

寺院に到着したらその奥が船着場になっています。

BTS+バス

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
BTSアネサワリ(戦勝記念塔)で降りて、円形のサークルをぐるーっと終わりまで歩きます。

階段を降りたところがバス停で、乗るバスは166番の青いエアコンバスです。

まとめて2台くることもあるし、混んでいたら次のバスに乗り込むのもあり。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
バス台は乗ってから集金にくるのでその時一人18バーツ渡します。

所要時間は道路の混み具合にもよりますが、空いていて35分くらいでした。
バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方

高速を降りて、セントラル、ビッグC、大きな交差点を通り越し、人がごちゃごちゃ行き交う狭いローカルな風景になったらバスを降ります。

降り場に名前はないので、ロビンソンを目印に下車します。

集金の人も気にかけてくれているし、外国人はクレット島の行くとわかっているのでみんなが教えてくれます。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
ロビンソンの脇の道をまっすぐ進み先の方に見えるのが船着場がある「ワット・サナームヌア(Wat Sanam Nua)」です。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
バス停から船着場までは徒歩約5分。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
昔ながらのリキシャもいるので、帰りはバス停のある大通りまでのせてもらってもいいかもしれませんね。

バン+BTS

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
BTSモーチット駅番出口を降り階段を下るとバンが集まっている場所があります。

タイ人の知り合いが一緒だったので問題ありませんでしたが、行き先がタイ語で書かれているので、近くにいるタイ人に聞いた方が確実です。

車内はエアコンが効いていますが、かなり狭いです。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
料金は降りる時に一人25バーツ支払います。

所要時間は1時間。人を集めるためにドンムアン空港の方を回ってPakkret(パケット)まで向かいます。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方

帰りも降りた反対方向の道にバスやバンが止まるので、そこから行き先を確認してから乗り込みます。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
BTSサパンタクシン駅を降りたとろこに船着場があって、そこから「Ko Kret(クレット島)」行きが出ています。

しかし、1日1本程度しか通っていなく、サパンタクシンからクレット島は15:00。

クレット島からサパンタクシンは17:00しかありません。

乗船料は数十バーツでですが、主にタイ人の通勤に使われているので、観光向きではないかも。

島に渡るには

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
「Wat Sanam Nua(ワット・サナームヌア)」の奥にある船着き場からクレット島に渡る船は定期的に出航していて、料金は一人2バーツです。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
行きは降りる時、帰りは乗る前に料金を支払います。

島は1週約7キロメートル。

1日40バーツで自転車を借りることができます。

バンコクから1時間、ワンデートリップ、クレット島、行き方
筆者が一番感心したのは、島内は一切車が走っていないところ。

たまにはのんびり歩きながら散策するのもいいかもしれませんね。

最後に

クレット島は平日は閉店しているお店が多いので、土日に行くのがおすすめ。
土曜日か日曜日だったら、日曜日のほうがお店も開いていてさらに賑わっているのだとか。
今は乾期でベストシーズンですが、それでも午前中から島に入ってご飯を食べて帰るくらいがちょうどいいと思います。

-旅行・お出かけ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.