トレンド

流行に敏感な女子の必須アイテム「トラッドシューズ」

更新日:

流行に敏感な女子、必須アイテム、トラッドシューズ

英国紳士のイメージが強いトラッドシューズ。

主にローファーやデッキシューズ、ウィングチップ等の靴のことを指し、アメリカントラッドの象徴とも言われています。

スポンサーリンク

しかし、トラッドの原点はブリティッシュトラッドで、アレンジを加えた現代のスタイルは、今ヨーロッパを中心の若者の間で流行しています。

■トラッドシューズを扱うブランド
・ジャック・オブ・オール・トレーズ
・リーガルシュー&カンパニー
・プリュス・バイ・ショセ
・インス
・パラブーツ
・ティンバーランド
・カポック
・アダム・エ・ロペ
・グッチ
・ボウルズ
・グラストンベリー
・ビームス

靴には基本となる型があり、現在は様々なデザインが施され、バリエーションが生まれました。

さらにデザインばかりでなく、製法や素材を変えることで、履き心地や耐久性が変わってきます。

流行に敏感な女子、必須アイテム、トラッドシューズ

■トラッドシューズの種類

Wing Tip Shoes(ウィングチップシューズ)

つま先の革の切り替えに使われる革片(チップ)が、翼のような形をしているのが特長です。
つま先のブローグ(W型の模様穴飾り)も特徴で、”おかめ飾り”ともいわれてます。

Coin Loafers(コインローファー)

甲の部分をU字形に切り替えた形のスリップオンタイプの靴。
ビジネスシューズにもよく使われている定番の形です。

流行に敏感な女子、必須アイテム、トラッドシューズ

Straight Tip Shoes(ストレートチップシューズ)

つま先の革の切り替えがストレートなシューズ。
切り替え部にはメダリオン(穴飾り)をあるものと、ないものがあります。
英国調のクラシックなデザインで品があるシューズです。

Plain Toe Shoes(プレーントゥーシューズ)

靴の基本形といわれるデザインで、つま先(トゥ)に飾りのないプレーンなシューズです。
シンプルなデザインなので、形や鳩目の位置等のバランスや革の良し悪し等、作りの良否が端的に表れます。

Tow Tone Loafers(トゥートーンローファー)

飾りは至ってシンプルで、ローファータイプの履きやすい靴です。
最近は改良され、スポーツタイプで分厚いラバーソールのトゥートーンローファーも登場しています。

Cap No Lace shoes(ノーレースシューズ)

ウィングや、紐などを取り除いたコインシューズ型の靴。
最近女性にも人気で、モード系のファションに合います。

U-Tip,V-Tip shoes(Uチップ、Vチップシューズ)

U字形の革片(チップ)を甲の切り替えに用いたデザインです。
モカシンの一種で、外羽根式のUチップは”ブラッチャーモカ”とも呼びます。
また甲の切り替えにV字形の革片を使ったものを”Vチップ”といいます。
歩行時のウェイトシフトにあわせて靴の形を内ぶりに曲げた設計のため、U字形でなくV字形にデザインされています。

Tassel Shoes(タッセルシューズ)

タッセルとは房飾りのことで、この飾りを甲の中央に縫い付けた靴の総称です。
モカシンタイプをタッセルスリッポンと呼びますが、つま先にウィングチップをつけたウィングタッセルと呼ばびます。

Monk Strap Shoes(モンクストラップシューズ)

”モンク”とは修道僧のこと。
修道僧が履く靴にヒントを得て大きめの尾錠留めの短靴をモンクストラップシューズと呼びます。
ブリティシュトラッド・シューズの定番ですが、最近はスタイリッシュなデザインも多く、モード系のスタイルにあわせることもあります。

流行に敏感な女子、必須アイテム、トラッドシューズ

最後に

トラッドスタイルとは、日本国内でアイビールックとして流行したスタイル。
英国靴の聖地はイギリスだと言われています。
定番のスタイルは、ジャケットにシャツ、蝶ネクタイ、デニムに素足で履いたトラッドシューズがポイントになりますが、このようなトラッドファッションだけでなく、今は様々なスタイルにも合わせやすくなっているて、女性でも一足持っていると色々と履き回せ便利です。

-トレンド
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.