フード

渋谷に上陸したピンクの『ガイトーンTokyo』と、タイのローカルカオマンガイの違い

更新日:

渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

スポンサーリンク

今年の春にタイで大人気の「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」が東京の渋谷に初上陸し話題になりました。

このお店の人気商品は、タイ料理で定番の”カオマンガイ”という、蒸し鶏ご飯(800円)です。

渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

ガイトーンTokyo

住所:東京都渋谷区渋谷3-15-2
アクセス:JR・東急東横線・東京メトロ 渋谷駅東口より徒歩約5分
TEL:03-6805-1202
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
(なくなり次第終了)
ホームページ:http://raan-kaithong-pratunam.jp
※テイクアウトの場合700円(スープ+50円)

バンコクの「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」はお客さんよりスタッフが沢山印象と、お店の前で大きな蒸し器に入った大量の鶏の量に驚きました。

鶏臭さが気になったのと、翌日お腹を壊してしまったので、それ以来行っていませんが、ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」はガイドブックにも載っている有名なお店です。

渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

カオマンガイ屋さんは街の至る所にあり、タイでは定番のメニューです。
これまで様々な場所でカオマンガイを食べましたが、個人的に自宅の近くにあるタイ人率100%のローカルカオマンガイ屋さんが一番美味しい気がします。

渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

詳細

場所:ソイ3 スワンプルー通り スワンプルー市場内
営業時間:10:00〜17:00

そこのお店は蒸し鶏ご飯(カオマンガイ)40バーツ(約120円)と、フライドチキンご飯(ガイトート)45バーツ(約135円)の2種類が主力メニューです。
見ていると偏ることなくどにらも人気で、実際どっちを食べても美味しいです。
渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

カオマンガイにはキュウリが添えられ、鶏のだしのスープと、お茶が無料でつきます。
(タイの飲食店は水と氷は有料です。)

渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

蒸し鶏と一緒に炊いたご飯と、全く臭みのない鶏に自家製のタレがポイントです。
特製ダレのベースはタイのお醤油、ショウガ、ニンニク、唐辛子、あとはお店によって色々と調合しているようです。

ここのカオマンガイはご飯も鶏もソースもサービスも完璧で、一ヶ月に一度は訪れるお気に入りのお店です。

渋谷、ガイトーン、東京初上陸、タイのローカルカオマンガイ

最後に

カオマンガイはさっぱりしており低カロリーのように感じますが、鶏を一匹丸ごとご飯と一緒に炊きこむので、鶏の油がご飯に染み出ており意外とカロリーが高いそうです。
またカオマンガイには細長いジャスミン米が合う為、実際のコストはほとんどかかっていないずです。
本当に安くて美味しいカオマンガイを食べたいなら、タイに来てローカルの味にチャレンジしてみて欲しいです。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.