コラム

『セックスアンドザシティー』の主人公キャリーのような人生に憧れて,,,,

更新日:

セックスアンドザシティー、キャリー、女性、幸せな人生

私が毎日楽しみにしているのは、BSの”ON FOX”でやってる『Sex and The City/セックスアンドザシティー』。

とっくにブームは終わっているけど、私は6シーズンを何回も何回も見て、主人公のキャリー生活に憧れを抱いている一人。

とにかくキャリーのファッションが大好きで、毎回靴やドレスを見ては溜め息,,,,

そんなスーパーお洒落で、この映画のスタイリストを手がけているのは、『プラダを着た悪魔』の衣装も手掛けたパトリシア・フィールド氏。

年齢は結構いっているけど、髪を真っ赤にしてロック好き。
しかも自分でショップも経営している業界ではなかり有名な人です。
『Sex and The City/セックスアンドザシティー』に関しては、50回以上エミーショーに衣装デザイン賞にノミネートされ、その内7回受賞しているカリスマスタイリストです。

セックスアンドザシティー、キャリー、女性、幸せな人生

スポンサーリンク

『Sex and The City/セックスアンドザシティー』は4人の30代独身ウーマンの恋と友情、それをとりまくおしゃれなライフスタイル。

主人公のキャリーはマノロ・ブラニク(靴)に目がない。
キャリーのクローゼットには沢山の靴と、まだビニールを被っている新しい洋服たち。
仲良しの3人とは常連のレストランでブレックファーストをとりながら、最近の出来事を報告し合う毎日。
独身だけど、パーティー三昧で、毎回可愛い洋服や小物に囲まれた人生。
そしてセックスブロガー。

靴に目がない私は、毎回主人公キャリーの靴をチェックしています。
それくらい大好き。
家は狭くても広いシューズボックスがあれば完璧。

この映画で、最も有名な言葉があります。

The fact is sometimes it's hard to walk in a single woman's shoes. 
That's why we need really special ones now and then to make a walk a little more fun.
(シングルウーマンの道は平坦ではない。だから歩くのが楽しくなる特別の靴が必要なのだ)

セックスアンドザシティー、キャリー、女性、幸せな人生

最後に
フランスの道は石畳でガタガタだけど、フランス女性はハイヒールをよく履く。
60歳のおばあちゃんだってお出かけの時はハイヒールを履くんだとか。
だから年をとっても美意識が高く、足も若い人に負けないくらいきれいなんです。
女性に生まれたからには、年をとっても自分らしく美意識をもって人生を謳歌したいですね。

-コラム
-, ,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.