コラム

世界一速く結果を出す人の仕事術!「Google」では“その1分”の使い方が違う

更新日:

速く結果を出す人、仕事術、グーグル、1分、使い方違う

今日ご紹介する本は、ピョートル・フェリークス・グジバチ氏の「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法」です。

タイトル :世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法
著者 :ピョートル・フェリークス・グジバチ
出版社 : SBクリエイティブ
出版日 :2017年1月27日
Kindle価格 :1,400円
ジャンル :ビジネス本

ピョートル・フェリークス・グジバチ(Piotr Feliks Grzywacz)

ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング&ディベロップメントヴァイスプレジデント、2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。
現在国内外の多国籍なメンバーやパートナーとともにグローバルなサービスを展開している。

内容紹介

Googleでは“その1分”の使い方が違う。
日本在住16年の著者が公開。

なぜ、仕事が終わらないのか。

そして、なぜ、その終わらない状態が続くのか。

これは、そんなあなたの悩みを根本的に解決する本です。

スポンサーリンク

世界より速く仕事をする人たちは何をしているのか。

「仕事が終わらない」
「仕事が思うように進まない」

Googleでの「速さ」を実現する方法は、実は単なる「仕事術」「効率」にだけあるのではありません。

1分1秒を削るノウハウを知っても、「仕事が終わらない」状況はそう簡単には変わりません。

実際の著者の仕事術を紹介
・今その場で仕事を終わらせる仕組み
・無駄に悩まない仕組み
・非効率な会議やメールを、仕事を速く進める会議・メールにする方法
・疲れないための「マインド」のつくり方

速く結果を出す人、仕事術、グーグル、1分、使い方違う
(イメージ)

最大の効率化は、自分の仕事をなくすこと
AIやITに仕事がとられるという論調は多いですが、著者は、「2020年までに自分の仕事を自ら壊すことが大事」と言います。

IT化、AI化されてしまうと怯えるよりも、自分から仕事をIT化することで、新しい波に乗り、そのための自分の時間をつくる。

最先端の仕事の技術を紹介します。

・持ち帰らない。
・「わかる」ことと「わからない」ことを明確にする。
・メールに頼りすぎない。
・分析しない。
・休みたいときには休む。
・自分の仕事をなくすことを考える。

基本的な事が多いですが、参考になる考え方の多い一冊です。

最後に

元Google社員ならではの知見。
しかし著者の主張するほど期待ほど得られなかったです。
また、ページ数も多く、途中からくどい感じがしました。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.