Lifestyle

オープンマインドに、いつでもどこでも「シェア」する時代

投稿日:

オープンマインド、いつでもどこでも、シェアする時代
SNSでの情報共有は、多くの人が食事と同じように毎日していること。

ルームシェアも旅行をシェアすることは世界では当たり前。

そして、今の時代だれでもスマホやタブレットを持ち歩き、SNSで情報を「シェア」することをすんなり受容する人が増えています。
もちろん、そこにいろいろな情報が隠されているので、他人と「シェア」するのは気がひけるという人もいるかと思います。
オープンマインド、いつでもどこでも、シェアする時代
SNSの最大のすごさは「シェア」による拡散力です。
経済性やコネクションつくり、他人とつながることで相互にメリットを得ることなど、今までのアナログなやり方よりよっぽど合理的なのです。

コミューナルテーブルは当たり前

オープンマインド、いつでもどこでも、シェアする時代
コミューナルテーブルとは、長いテーブルを皆で「シェア」するような形のこと。
世界のいたるところでコミューナルテーブルは浸透していて、見知らぬ人とさらっと会話を楽しむようなラフな場所。
それはカフェだったり、レストランだったり。
堅苦しくなく、自然な感じで他人との距離をとれる人は海外にはたくさんいます。
日本では相席カフェというものができていますが、それは何だか不自然な気もします。
日本でコミューナルテーブルがあるお店。

「ル・パン・コティディアン」
東京都千代田区有楽町1-2-15マーカスオービットビル1-2F
TEL 03-6205-7751
http://www.lepainquotidien.jp/

思い出に残るユニークな宿

オープンマインド、いつでもどこでも、シェアする時代
自宅を「シェア」する「Airbnb(エアビーアンドビー)」は世界中でいま人気のサイト。
https://www.airbnb.jp
宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトで、世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供しています。
2008年8月に設立。
本社はサンフランシスコにあります。
宿泊するのはもちろんのこと、子どもが巣立った後の部屋を世界中をまわる旅行者に提供することで、新たな出会いと目的が生まれます。
定年退職したご夫婦の、新たな楽しみになるかもしれませんね。

他人と一緒に体験する

オープンマインド、いつでもどこでも、シェアする時代
アート&デザイン、スポーツ、料理、ライフスタイルなどの体験型の「シェア」は海外で今増えてきています。
体験型「シェア」では、一人で得るよりも大きな感動に出会えることが大きなメリット。
このように自分の趣味を通じて「シェア」する精神は、もうごく自然なことなりつつあります。
それに一人で黙々と行うより、他人と「シェア」したほうが見方や感性が広がるはずです。
また他人と助け合うことで一体感も得られ、そこから交際が始まるなんてこともあるかもしれません。

最後に

「他人とシェアするのも平気」といった、オープンマインドの人が増えてきている今。
仲間同士で楽しいストーリーを共有すれば、人生の楽しみかたがまたひとつ増えるかもしれませんよ。

-Lifestyle
-

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.