カフェ

スタバのフラペチーノはもう古い!米国西海岸生まれの「ブルーボトル」が拘る”マイクロ・ブリュー・コーヒー”が気になる?!

更新日:

ニューウェーブ、米国、ブルーボトルコーヒー、ドリップ、初上陸

世界中どこの国へ行っても存在する「スターバックスコーヒー」。
知名度が高く長い間世界中の人に愛され続けてきましたが、これからはシロップやホイップクリームで誤魔化しのきかない、本格ドリップコーヒーの時代(サードウェーブコーヒー)がきています。

最近日本の中でもセルフコーヒーや缶コーヒーでさえも昔より愕然と美味しくなっているのがわかります。

ファミレスやファストフード店、コーヒーチェーンでも煮え切った酷いコーヒーを出すところはほとんどなくなり、ついに日本人も本当のコーヒーの奥深さを求めるようになっていたと言えます。

今日本のメディアでは、まもなく上陸する「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」の話題でもちきりです。

スポンサーリンク

「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」とは、サンフランシスコ発祥のコーヒーショップで、スターバックスを越える今最も勢いがあるコーヒーショップです。

new-wave-usa-blue-bottle-coffee-drip-coffee

きっかけは、ジェームス・フリーマン(James Freeman)氏が、本当に美味しいコーヒーを作ろうと、2002年8月に自宅のガレージで始めた手作り感があるコーヒーショップです。

最初は自分の手で焙煎し、近隣のファーマーズマーケットで販売したりしながら、港町の倉庫街に焙煎所を建てました。
その後、サンフランシスコ市内にカフェを持ち、ゆっくりとビジネスを拡げていった実力者です。

「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」のロゴマークは、シンプルなベーシックなカップに、さり気なくプリントされた青いボトルが目印です。

店内もスターバックのような洗練された感じではなく、解放感があり素朴な感じの店内になっています。
そして「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」が最も拘っているドリッパーやサイフォンがカウンターに並び、厳選された上質なコーヒーが飲めるのが最大の魅力です。

new-wave-usa-blue-bottle-coffee-drip-coffee
そして様々な国のコーヒーを味わい尽くした経験を活かして、ようやく「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」を立ち上げたそう。

「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」は、サンフランシスコ対岸のオークランドに初の焙煎所に次いで、ニューヨーク、ロサンゼルスと焙煎所を増やし、次の新店に東京江東区が選ばれたのです。

大の旅行好きのジェームス氏は、様々な国を訪れましたが、日本のカフェのクオリェティーなら厳密に同じ味を提供できると確信したそうです。

「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」でしか飲めない、”マイクロ・ブリュー・コーヒー”は多くのファンを魅了し、あのスターバックスをも越える勢いなのです。

new-wave-usa-blue-bottle-coffee-drip-coffee

「マイクロ・ブリュー・コーヒー」4つのポリシー
1、コーヒー豆を厳選すること

2、焙煎後48時間以内に豆を使い切ること

3、豆を挽いて45秒以内にコーヒー粉に熱湯をたらして淹れること

4、1カップずつ丁寧に香り高いコーヒーを淹れる

気になる日本の進出エリアは、江東区清澄白河。
拠点として焙煎所兼カフェ兼オフィスを構え、ここから日本でのブランド認知への活動が始まります。

ブルーボトルコーヒー 清澄白河 ロースタリー&カフェ
住所:東京都江東区平野1丁目4-8
営業時間:8:00~19:00
定休日:無休
出店予定日:2015年2月

アクセス:都営地下鉄大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」から徒歩10分、清澄白河駅から584m

ブルーボトルコーヒー青山
住所:東京都港区青山3-13-14 増田ビル2階
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休

アクセス:表参道駅から122m

new-wave-usa-blue-bottle-coffee-drip-coffee

最後に

「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」はアメリカでじわじわとビジネスを広げようやく浸透してきたところに、いきなり日本上陸の話が持ち上がり、日本人はまだ一度も飲んだことものない名前だけのコーヒーショップに大きな期待感をもっています。
本場サンフランシスコの店舗では、コーヒー豆・コーヒー器具・トートバッグ・キャップ・パーカー・オリジナルグッズの売り上げも上々のようで、このようなサイドグッツにも火がつきそうです。

-カフェ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.