旅行・お出かけ

「シャングリラ」から「昆明」の移動で見つけた、ちょっと笑える乗り物まとめ!

更新日:

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

スポンサーリンク

雲南省の旅7日目は、「昆明国際空港」からタイの往路のチケットをとっているため、来た道を一度戻ります。

シャングリラの町には「香格里拉汽車客運站 」というバス停しかないため、ここから昆明の一つ手前の街、大理に向かいます。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物
シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

出発は15分後の11:00で、素早くセキュリティーで荷物チェックを終え、急いでバスに乗り込みました。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

バスの中は出稼ぎなのか、多くのチベット族の人が乗車していました。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

チケット料金はシャングリラから大理までで、一人102元です。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

途中見かけた三輪の軽自動車はおもちゃのようでした。
色も赤やオレンンジ、緑などポップな色ばかりで、シャングリラなど田舎の方で多いようです。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

本物の子供のおもちゃはさらに形が変わっていて、子供が乗り回している姿はとても可愛らしかったです。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

シャングリラから麗江までは崖のような山道を下ります。
絶景が見えるのは進行方向左側の席です。

下りはたったの5時間ほどではあっという間に大理に到着。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

大理の「三大塔」が見えてきたので、その先の大理古城の西門前で降ろさせてもらいました。

ここで再び「大理古城」で一晩過ごすことになり散策に出てみると、またもやおかしな乗り物発見。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

観光用の自転車で街はなだらかな坂が続くのでペダルがきつそうです。
これは前後ではなく、横並びの観光自転車もありました。(屋根付き)

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

また雨の日に最適なドーム自動車は、二人乗りができ電気で走っているようでした。
形はおかしいですが、街では電気で走るバイクも普及しており、日本よりも浸透が早いように見えました。

前日に大理古城の中にある、旅行代理店でチケットを240元でバスチケットを購入して翌日は更に約6時間の道のりを下ります。

大理古城内の旅行代理店に朝9:00に集合し、近くのバス停留所まで行きます。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

ここでも変わった車を発見。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物
タイの「トゥクトゥク」のような乗り物。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

トラックの前にエンジンが飛び出ている不思議な自動車など、中国は何でもありの国。

実際出発したのは9:45頃で帰りは何故か山道を進み、工事と大型トラックが多く9時間もかかっても到着せず、乗客は皆イライラしていました。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

私たちは飛行機の時間もあったので途中で無理やりバスを降りて、結局あ「昆明」の街の外れからタクシー(120元)に乗って空港まで向かうことになりました。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

さすがに「昆明」は大都会で、一つの街なのに面積が広大で、空港に行くまでかなりの距離でした。

シャングリラから昆明、移動、面白い、乗り物

最後に

帰りの飛行機の最終チェックインの時間はとうに過ぎており、間に合わないと諦めていましたが、何とか搭乗に間に合ったのは奇跡でした。
あらかじめ余裕をもって出発したはずでしたが、中国の道は何が起こるかわかりません。
しかしながら何とか無事で、楽しい旅行ができたことにとても満足しています。
またこの地を訪れることができたら幸いです。

-旅行・お出かけ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.