フード

九州発祥でバンコクに15店舗もつ「筑豊らーめん 山小屋」安定した味にタイでは意外なモノが美味しかった!?

更新日:

九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい

今日ご紹介するバンコクのランチは、「九州筑豊らーめん 山小屋」(Yakagoya Ramen)です。

スポンサーリンク

「山小屋」は九州発祥の豚骨スープに、適度にコシのあるストレートな麺、そしてトッピングにキクラゲと紅ショウガがのっているのが特徴です。

バンコク市内を中心に15店舗を構える、タイのテレビでも紹介されている、バンコクでは同じみのラーメン屋さんです。

今回訪れたのはラマ4通りの「ソフィテル」(Sofitel So Bangkok)というビルの中の店舗です。

九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい

シーロム周辺はオフィス街のため、平日のランチには混雑していますが、土日はガラガラで注文するとすぐに出てきます。

豚骨スープは、余計なものを一切加えず素材は豚骨のみを使用しているんだとか。

これを創業からの秘伝の製法で白濁になるまでじっくりと炊き出し、豚骨の持つ旨みと深みのあるスープが出来上がるというわけです。

九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい

「山小屋」で使われているストレート麺は、本社工場で一貫生産し、長時間じっくりと熟成して製造しています。

小麦粉はオーストラリア産の「プライムハード」を中心に、独自のブレンドで作られた細麺が「山小屋」のラーメンの決め手でもあります。

確かに他のお客さんは皆ラーメンを注文していましたが、私がこのお店をリピートしている訳は、「山小屋」のとんかつと、から揚げのクオリティが高いことにあります。

とんかつ定食(190バーツ)
九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい
「山小屋」で定食を注文すると必ず千切りキャベツ、とんこつラーメンのスープ、ご飯が付いてきます。

タイ人は普段からよく油を使った料理を作っているので、揚げ物はお手のものです。

それもあり「山小屋」のとんかつは日本はもちろんタイでも人気があるとんかつの「マイセン」や「さぼてん」に並ぶクオリティの高さだと思います。

あらかじめ豚肉には塩こしょうがふってあり、表面はサクサク、中はジューシーでとても美味しいです。

九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい

から揚げ定食(180バーツ)
から揚げも日本と全く変わらない味です。

この価格でこのクオリティーのものは日本にはなかなかないと思います。

ゴロゴロと大きくカットしたから揚げが7つはいっていて、ボリュームがあります。

柔らかく新鮮な鶏肉をしっかりニンニクと醤油に漬け込んでいるので、そのままでも十分味が濃いですが、毎回特製のソースがついてきます。

九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい

■その他のメニュー
・山小屋ラーメン (170バーツ)
・つけ麺    (150バーツ)
・高菜ラーメン (190バーツ)
・塩麹ラーメン (170バーツ)
・チャーシュー麺(200バーツ)
・とんこつ味噌ラーメン(180バーツ)
・餃子     (100バーツ)
・チャーハン  (90バーツ)
・明太子ご飯  (100バーツ)

山小屋ソフィテル店
住所:Sofitel So Bangkok G Floor, Bangkok 10110
TEL:02-261-7943
ホームページ:yamagoya.co.jp/

九州発祥、バンコクに15店舗、筑豊らーめん、山小屋、安定した味、タイでは意外な料理が美味しい
アクセス:MRTルンピニ駅もしくは、MRTシーロム駅から徒歩約10分

最後に

「山小屋」というラーメン屋さんはタイに来るまで知らなかったお店で、度々そのような発見があります。
「山小屋」は他にも「ばさらか」「一廉流ラーメン」というコンセプトの違ったラーメン屋さんも運営しており、「筑後らーめん ばさらか」は1店舗だけバンコクに出店しているそうです。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.