トレンド

広島県の町のパン屋さん「むぎむぎ」から生まれたハイブリットスイーツ!クロワッサン生地のクッキー『クロッキー』は新感覚!?

更新日:

広島のパン屋さん、麦麦、ハイブリットスイーツ、クロワッサンとクッキー、クロッキー、新食感

クロナッツとは、クロワッサンとドーナツを掛け合わせた造語で、その名のとおりクロワッサンの生地を揚げたドーナツのことをいいます。

バターがたっぷり折り込まれたクロワッサン生地をドーナツ形にして油で揚げ、中にバタークリームを挟んだり、グラニュー糖や、グレーズでデコレーションします。

このクロナッツに端を発し、マフィル(マフィン×ワッフル)、クロワッサンラスク(クロワッサン×ラスク)、マカナッツ(マカロン×ドーナツ)、タルトレット(小さなタルト×ブラウニー)など次々と話題のハイブリッド・スイーツが誕生しています。

広島のパン屋さん、麦麦、ハイブリットスイーツ、クロワッサンとクッキー、クロッキー、新食感

他にもニューヨークのフードトラックにて話題のドーナツ×タルト、「ドナルト」はバターや乳製品を一切使わない100%オーガニックなスイーツ。
食感はとっても柔らかく、ドーナツよりも油っぽさがないヘルシーな一品で、こちらも気になる商品です。

日本のハイブリットスイーツを代表するのはクロワッサンとクッキーを掛け合わせた「Crookie」(クロッキー)です。

スポンサーリンク

「Crookie」(クロッキー)を考案したのは、広島県のパン屋さん「麦麦」(むぎむぎ)。

広島のパン屋さん、麦麦、ハイブリットスイーツ、クロワッサンとクッキー、クロッキー、新食感

クロワッサンの中にチョコレートと木いちごジャムが入っていて、中心地はクロワッサン、表面ははサクサクのクッキー生地と2度楽しめる新スイーツです。

また「Crookie」(クロッキー)を凍らせて ”アイスクロッキー” にして食べても美味しいんだとか。

広島県の「むぎむぎ」は、地元で収穫された参良坂小麦を使用し伝統的なパンを作りが特徴。

その他、地元産の蜂蜜・野菜・季節の果物を使った、ジャムや、ソース使い、職人さんが一つ一つ手作りでパンを焼き上げている、他にはない拘りのパン屋さんです。

自家製自然酵母のパンをはじめ、種類豊富なパンを求めて遠くからわざわざ買いにくる人も多いのだとか。

広島のパン屋さん、麦麦、ハイブリットスイーツ、クロワッサンとクッキー、クロッキー、新食感

主なメニュー
・ハーブハードトースト
・イギリス食パン
・ノワ・レザン
・バケットペイザンヌ
・サーモンサンドイッチ
・カマンベールとリンゴのサンドイッチ
・ピロシキ
・チーズロール
・チーズクロッカン
・栗入りデニッシュ
・ミルクフレンチトースト
・クロワッサン
・ベリーベーグル
・カボチャのフォカッチャ
・クルミパン
・クリームパン
・酒あんパン
・クッキー
・クロッキー
・おやき
・アイスパン

詳細
住所:広島県三次市三良坂町三良坂2120-4
TEL:0824-44-2661
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

広島のパン屋さん、麦麦、ハイブリットスイーツ、クロワッサンとクッキー、クロッキー、新食感

最後に

広島で生まれた「むぎむぎ」の「クロッキー」は、確かにハイブリットスイーツの一つですが、そんなことよりもオーナーシェフのパンへの情熱が伝わってきます。
話題の「クロッキー」も目新しくメディアで紹介され密かな話題となっていますが、その他も全てのパンが美味しいと評判で、リピーターがあとを絶たないんだとか。
店内は素朴な町のパン屋さん風ですが、お店の中はお客さんでいっぱいでした。

-トレンド

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.