トレンド

ヘルシーなメキシカン・ファストフード「Zambrero」@セントラルワールド

更新日:

ヘルシー、メキシカン・ファストフード、ザンブレロ、セントラルワールド

最近、バンコクで密かなブームになっているのが、野菜をたくさん取り入れた「メキシカンフード」。

2017年1月にはサラダ専門店「Farmfactory」が経営する、ブリトー&タコス専門店「Chilito」(チリトー)がシーロム・コンプレックスのB1にオープンしたばかり。

そして今日訪れたのはセントラルワールドに5年前からある「Zambrero」(ザンブレロ)です。

スポンサーリンク

ここはオーストラリアに50店舗以上を展開するメキシコ料理専門店です。

その海外初出店がタイ・バンコクのセントラルワールドにあります。

ヘルシー、メキシカン・ファストフード、ザンブレロ、セントラルワールド

この「Zambrero」(ザンブレロ)はアフリカ、アジアなどの人道的プロジェクトを支援する会社で、ファストフードのフランチャイズです。

2005年にサム・プリンス氏によりこのプロジェクトが結成され、現在世界中の貧困層に数百万の食事が提供されています。

初めにお店中央のカウンターでメニューを選び、その後、右のサラダバーのところでカスタマイズできるようなシステムになっています。

ヘルシー、メキシカン・ファストフード、ザンブレロ、セントラルワールド

野菜はレタス、パクチー入りトマト、コーン、エシャロット。

ソース6種類あって、スパイシー、クリームチーズなどその日の気分によって選べるのもいいですね。

筆者はお友達とタコス(×2)とブリトーとナチョスとドリンクのセット(399バーツ)をシェアすることに。

healthy-mexican-fast-food-zambrero-central-world

タコスにはビーフ、トマト、レタス、パクチーなどがはいっていて、辛くないので2歳の娘もパクパク。

ヘルシー、メキシカン・ファストフード、ザンブレロ、セントラルワールド

ブリトーは1900年代にメキシコとの戦争中にアメリカにもたらされた戦争食。
炭水化物と野菜とお肉をラップサンドして手軽に食べられるので、まさにファストフードといった感じ。

美味し過ぎてあっという間に完食。

ヘルシー、メキシカン・ファストフード、ザンブレロ、セントラルワールド

ナチョスはチップスの上にクリームチーズ、アボカド、トマトなどがのっていて、ディップしながらいただきます。

こちらも言うまでもなく美味しかったです。

今回メニューの写真を撮り忘れましたが、単品で120バーツ前後、タコスとブリトーのセットが(299バーツ)だったような。

また行くことがあれば追記します。

店舗概要
住所 :6F, CentralWorld, 999/9 Rama I Rd, Ratchadamri
TEL :02-251-1788
営業時間 :10:00〜22:00
定休日 :なし
フェイスブック : zambrero

ヘルシー、メキシカン・ファストフード、ザンブレロ、セントラルワールド
アクセス :チットロム駅1番、もしくはサイアム駅6番出口より徒歩約10分。
どちらもBTSのスカイウォークとセントラルワールドの3階に直結しています。

あとがき

数年前に日本にもメキシコ料理の「タコベル」が上陸し話題になりましたよね。
同じくバンコクでも、近年サラダ専門店に続く勢いでメキシカンフードがブームの兆し。
コンプレックスだけではなく、シーロム通りのユナイテッドタワーのB1にもサラダ専門店がオープンするなど、タイでも徐々に牛肉を食べる習慣ができてきているようです。
ファストフード店でハンバーガーを食べるよりヘルシーで、パクチーや独特のスパイスが効いているのでアジアンフードが好きな人にもおすすめです。

-トレンド
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.