Book

おしゃれなカフェ開業ストーリー「雪と珊瑚と」梨木香歩

更新日:

おしゃれ、カフェ開業ストーリー、雪と珊瑚と、梨木香歩

今日ご紹介する本は、梨木香歩さんの「雪と珊瑚と」です。

タイトル :雪と珊瑚と
著者 :梨木香歩
出版社 : 角川書店
出版日 :2012年4月28日
文庫価格 :648円
ジャンル :文庫

梨木香歩(なしき かほ)

1959年鹿児島県生まれ。
日本の児童文学作家、絵本作家、 小説家。

イギリスに留学し、児童文学者のベティ・モーガン・ボーエンに師事する。

『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞。

『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞を受賞。

『家守綺譚』で本屋大賞3位入賞。

『沼地のある森を抜けて』で第5回センス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。
同作品で第16回紫式部文学賞を受賞。

小説に『丹生都比売(におつひめ)』『エンジェル エンジェル エンジェル』『からくりからくさ』『りかさん』『村田エフェンディ滞土録』『ピスタチオ』『僕は、そして僕たちはどう生きるか』『雪と珊瑚と』『冬虫夏草』『海うそ』『岸辺のヤービ』などがある。

ウィキペディアより: 梨木香歩

内容紹介

おしゃれ、カフェ開業ストーリー、雪と珊瑚と、梨木香歩

珊瑚、21歳。

生まれたばかりの赤ちゃん雪を抱え、途方に暮れていたところ、様々な人との出逢いや助けに支えられ、心にも体にもやさしい、惣菜カフェをオープンさせることになる。

追い詰められた状況で、初めて会ったのが修道女であったくららさん。

滋味ある言葉、温かいスープに、生きる力が息を吹きかえしてゆく。

社会から孤立していたシングルマザーが、一つの目標に向かって周りの人々を巻き込みながらカフェオープンまでを奮闘する姿が描かれています。

様々な人とのかかわりや立ち位置、温度差などが面白く考えさせられるところもありました。

同時に「カフェ開業」や「食育」についても学べる本です。

あとがき

梨木さんのお話は読み終わった後、心がじんわりあたたかくなる物語ばかりです。
良いことばかりではなく、苦難に立ち向かいそこで出会う人々の温かさは、こちらまでも前向きな気持ちにさせてくれます。
この本はこれからを担う学生さんたちに、是非読んでもらいたいです。

-Book
-

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.