コラム

自然体の家族物語、森浩美「家族の言い訳」ラストはどれも心が和むストーリー

更新日:

自然体の家族物語、森浩美、家族の言い訳、ラスト、心が和むストーリー

今日ご紹介する本は森浩美氏の「家族の言い訳」です。

家族は深い結びつきがありながらも、時には厄介で面倒な存在。

目に見えない家族の絆をいつまでも大切にしたいと思える内容。

スポンサーリンク

自分が親になって初めて自分の育った環境や、家族に感謝できる心が温かくなる一冊です。

タイトル:家族の言い訳
著者:森浩美
出版社:双葉文庫
出版日:2008年12月10日
価格:647円
ジャンル:短編小説

森浩美 (もり ひろみ)

日本の作詞家、小説家。
放送作家を経て、1983年より作詞家をはじめる。

作家・脚本家としても盛んに活動しており、SMAPやKinKi Kids、MAXなど有名アイドルグループの作詞も手がけていることで有名です。

現在までの作品総数は700曲を超えています。
(ウィキペディアより)

自然体の家族物語、森浩美、家族の言い訳、ラスト、心が和むストーリー

あらすじ

家族に悩まされ、家族に助けられる。
誰の人生だってたくさん痛み・苦しみ・そして喜びに溢れている。

作詞家の森浩美氏が小説を描くと、人のまっすぐな人生がそこに表現され、読んでいて素直な気持ちになれる一冊です。

自然体の家族物語、森浩美、家族の言い訳、ラスト、心が和むストーリー

印象に残った作品は、「おかあちゃんの口紅」。
ちょっとしたボタンの掛け違いで、母親の愛情が素直に伝わらない。
ラストは病院で密かに息子を想う気持ちが切なさを感じます。

「ホタルの熱」「おかあちゃんの口紅」は、ラジオドラマや入試問題にもなった感動作です。
自然体の家族物語、森浩美、家族の言い訳、ラスト、心が和むストーリー

8編の短編集
■ホタルの熱 
■乾いた声でも 
■夜空への寄り道 
■カレーの匂い 
■柿の代わり 
■おかあちゃんの口紅 
■イブのクレヨン 
■粉雪のキャッチボール 

最後に

夫婦、親子、どの家族にも、不安や不満を抱え形の異なる問題はあります。
そんなごく身近にあることがらを、素直に生きることの難しさや、やさしい心を思い出させるような短編集です。
やり手のキャリアウーマン、事業に失敗して破産寸前の男性、素直に母親の愛情を受け止められない男性など、森浩美さんが書く様々なストーリーは多種多様で飽きません。
様々な家族の形に自分と照らし合わせて読んだりと、どれも心に残る作品です。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.