子育て

エカマイの「科学博物館&プラネタリウム」は子供の遊び場に最適!

更新日:

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

今日もママ友とスクンビットの子供の遊び場を検証。

訪れたのはBTSエカマイ駅を下車、エカマイバスターミナルを通り過ぎてすぐのところにある「科学博物館&プラネタリウム」です。

この「科学博物館&プラネタリウム」は、1970年代に設立。

スポンサーリンク

ここはタイのアミューズメントのような雰囲気で、子供連れにぴったりの場所です。

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

敷地内にはプラネタリウム・科学技術館・ミニ水族館・自然科学館などがあり、タイの小学生や中学生もよく遊びに来ているようでした。

広い敷地内にはロボットやマスコットキャラクター、飛行機も展示されています。

プラネタリウム

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場
プラネタリウムは大人30バーツ、子供20バーツ

曜日と時間:火曜~土曜11:00、14:00、15:00

※特別枠で火曜10:00(英語)と、土16:00も上映しています。

上映時間:1時間

ちょうど11時だったので大人料金を支払い入ってみることに。

しかしアナウンスはタイ語で意味不明で、しかもなかなか始まりません。

そしてほんの5分でお互いの子供達がグズリだし退出。

子供が小さすぎると理解するのも難しいし、暗闇が怖く感じてしまうかもしれません。

また、プラネタリウム館の中は冷房がかなり効いているので、長袖は必須です。

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

館内ににはいくつかの展示品やパネルもあります。

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場
立体的にみる宇宙の構造や、ロケットの中の模型などがありました。

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

どれも子供たちには新鮮で面白いようです。

科学博物館

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

プラネタリウムと同じく大人30バーツ、子供20バーツです。

ここでも子供(2歳半と1歳半)は無料でした。

1度チケットをきってもらって入場しても、他の施設に行って、また戻ってきても再入場することができます。

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

ここでは覗いたり、触ったり色々な体験ができます

奥に進むと、ドラックの怖さを教える部屋もあって、お化け屋敷のような雰囲気が余計不気味でした。

1階は他にも石の展示室のようなところも。

2階より先は展示室になっていて模型やサンプル、トリックアートなどがあるようです。

ちょっと寂れた感はありますが、ここなら子供も飽きずに1、2時間いられそうです。

ミニ水族館

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場
Aquatic life(アクアティックライン)という縦長の水族館も科学博物館の向かいにあります。

科学博物館のチケットをもっていれば、ここは無料ではいれます。

展示されている魚は、タイの川に生息しているボテッとした魚や、可愛いニモもいました。

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場

ここはほんの10分程度で見終わってしますが、それでも子供は興味深々で水槽の中をじっと覗いていました。

店舗概要
住所 :928 Sukhumvit Rd., Klong-toey, Bangkok 10110
TEL :02 392 1773
営業時間 :9:00-16:30
定休日 :月、祝日
駐車場 :あり

エカマイ、科学博物館、プラネタリウム、子供の遊び場
アクセス :BTSエカマイ駅2番出口を降りたらUターンしてバスターミナル方面へ。バスターミナルを通り過ぎたらすぐ、左手が入口。

最後に

「科学博物館&プラネタリウム」は科学や天文、人体などタイ人目線でつくられているので、子供だけではなく大人も一緒になって楽しめるはずです。
敷地内は結構広くて、今回紹介した内容以外にも盛りだくさんで、尚且つ料金が手頃なのが嬉しいですね。

-子育て
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.