Bread

パン激戦区の自由が丘オープンした、ナナメウエの「オズブレッド」

更新日:

パン激戦区、自由が丘オープン、ナナメウエ、オズブレッド

今日ご紹介するパン屋さんは自由が丘の「OZ bread」(オズブレッド)です。

2020年10月2日にエトモ自由が丘にオープンしたばかりの話題のお店です。

確か以前は「Chocolaphil(ショコラフィル)」があった場所で、ゴンチャとFLIPPER`S STANDの間にあります。

オズブレッドは都立大学駅に本店を構えるパン屋『Breadplant OZ』の新業態。

パン激戦区、自由が丘オープン、ナナメウエ、オズブレッド

シェフはパリNo.1のクロワッサンで知られるメゾンカイザーでマネジングシェフを務めていた実績のある方です。

独自で開発した“もちふわ”新食感の「マラサダ」や、こだわりの味噌をふんだんに使用した「味噌あんパン」など、自由ヶ丘限定商品もあるのだとか。

パン激戦区、自由が丘オープン、ナナメウエ、オズブレッド

イートインはできませんが、ホットコーヒー(232円)、コーヒーミルク(278円)などもあるので、お天気の良い日はテイクアウトしてお外で食べるのもありかもしれませんね。

ふわっとマラサダシナモンレーズン(248円税込)

パン激戦区、自由が丘オープン、ナナメウエ、オズブレッド
マラサダはポルトガルの伝統菓子。
ドーナツにグラニュー糖をまぶして食べますが、こちらのはオリジナルからチョコレート、レーズンなど色々アソートがありました。
揚げパンなのに軽い食べ心地で、ついつい食べ進んでしまうような癖になる味わいでした。

塩バタタイガー(248円税込)

パン激戦区、自由が丘オープン、ナナメウエ、オズブレッド
オランダのスタンダード。
ダッチブレッドの焼き上がりにニュージーランド産の発酵バターと良質な天日塩をトッピングしています。
外側は硬めで、中はモチッとした食感でとっても美味しいです。
塩気の中にふんわりとしたやさしい甘さを感じます。

パン激戦区、自由が丘オープン、ナナメウエ、オズブレッド

oz bread自由が丘店
■住所 :東京都目黒区自由が丘1-31-11 etomo1F
■Tel :03-5276-9785
■営業時間 :11:00~20:00
■定休日 :不定休
■Webサイト : oz bread
■アクセス :東横線・大井町線 自由が丘駅南口より徒歩1分

あとがき

激戦区自由が丘エリアのパン屋さん。
オープン当初は話題となり、行列もできていたのだとか。
現在もコロナの影響で一度に入店できるのは5組まで。
一歩店内に入ると美味しそうなパンがずらりと並び、それを眺めているだけで幸せな気分にさせてくれます。
パン好きなら是非足を運んでみてくださいね。

関連記事: 毎日通いたい!神クオリティのパン屋さん「アルチザン・ブーランジェ・クピド」奥沢

-Bread
-

Copyright© visiomire.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.