タイ移住

タイの大手S&Pが手がける「ブルーカップコーヒー」と、米国の「ブルーボトルコーヒー」が似過ぎて混乱する

更新日:

タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱

日本にも上陸した「Blue Bottle Coffee」(ブルーボトルコーヒー)はオープン当時大行列になりましたが、現在は少し落ち着きをとりもどしています。

スポンサーリンク

そんな「ブルーボトルコーヒー」が日本にオープンする前から、タイには「Blue Cup Coffee」(ブルーカップコーヒー)というものがあります。

タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱

「ブルーボトル」と「ブルーカップ」は、名前もロゴも似ていて、あきらかにパクリだとわかります。

ブルーボトルのホームページ:https://bluebottlecoffee.jp/

この偽物をつくったのは、タイの大手飲食企業S&Pです。

主力レストラン「S&P」「パタラ」「サイアムキッチン」をチェーン展開しており、冷凍食品の製造販売やケータリングも手掛けているタイの中ではかなり大きな会社です。

タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱

タイは中国と同じで、コピー天国です。
若者は「偽シャネル」服に、「偽ヴィトン」のバックをもっています。

飲食業界も同じで、日本の「クロワッサン鯛焼き」は「クロワッサンタイ」という意味のわからない名前の偽物のショップが次々とできています。

しかしコンセプトや内容は全く異なります。

米国の「ブルーボトル」は、目の前でフラスコからカップに注いでくれるドリップコーヒーがこのコーヒーショップの売りですが、タイの「ブルーカップ」は全てエスプレッソマシーンを使っています。

メニューはどちらかというとスターバックスのようなコーヒーを想像してもらえればいいと思います。

タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱

ブルーカップのコーヒーメニュー

・アメリカーノ
・エスプレッソ
・カプチーノ
・カフェラテ
・モカ
・キャラメルマキアート
・アイスラテ
・アイスカプチーノ
・アイスキャラメルマキアート
・アイスコンパンナ
・ミルキーウェイ
・アイスモカ

タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱
タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱

サブメニューには「エッグベネディクト」や「ブラックブレッド・サンドイッチ」などもあります。

また「ブルーカップ」は、月に二度「一個買うと一個無料」(1Buy 1Get Free)のプロモーションを行っており、それはタイの中では頻繁に行われているプロモーションです。

ブルーカップのフェイスブックページ:https://www.facebook.com/bluecup

タイ大手、S&P、ブルーボトルコーヒー、ブルーボトルコーヒー、似ている、混乱

最後に

驚くことにこの「ブルーカップ」はタイの玄関口スワンナプーム国際空港にあることにとても驚きました。
グループ会社の「S&P」も並びに出店しており、そこでも「ブルーカップ」のロゴがデカデカと掲げられています。
実際それを知ってかわかりませんが、お客さんは寄りつかず閑散としていました。
過去のタイは、スタバそっくりの屋台を出して、スターバックスに起訴されたこともありました。
タイ最大手のS&Pまでがこのようなお店を出すとは、心底タイ人の考えには呆れてしまいます。

-タイ移住
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.