コラム

30代は結婚して子どもを産むか、それともキャリアを貫くかの分かれ道

更新日:

30代、結婚、子どもを産む、キャリア、分かれ道

20代後半から30代前半は、結婚するか、子どもをつくるか、それともバリバリとキャリアを積むか、将来について考える人も多いはず。

30代の後半になってくると、周りではベビーラッシュで更に子どもをつくるかはこのあたりでかなり絞られてきます。

スポンサーリンク

そして、大体の人が40代で子どもがいない人生の受け入れ方を考え始めます。

長生きすることはつまり何を意味するか?

長生きすればするほど生活費等は必要になります。

今は公的年金だけでは心細く、あまりあてにならないのが現状です。
30代、結婚、子どもを産む、キャリア、分かれ道

■2016年日本人の平均寿命

(厚生労働省平成27年簡易生命表)

男性 80.79歳

女性 87.05歳

■2060年日本人の平均寿命予測

男性 84.19歳

女性 90.93歳

厚生労働省の2015年住民基本台帳に基づく調査では、100歳以上の高齢者が全国で6万人を超え、年々増え続けています。

30代、結婚、子どもを産む、キャリア、分かれ道
しかも、100歳以上の高齢者の割合は約87%が女性なんだとか。

やはり稼げる時にバリバリ稼いでおいたほうが安心かもしれませんね。

現実ではやはりお金が大切

■シルバー30年変化で現在欲しいもの

(博報堂生活総合研究所2016年、60~74歳対象)

お金 41%(1986年は28%)

幸せ 16%(1986年は31% )

平均寿命が延び老後が長期化していくと、生活の土台となるお金がそれなりに必要になるのも事実です。

30代、結婚、子どもを産む、キャリア、分かれ道

趣味を謳歌するのも、旅行に出かけるのも、お金がないと楽しめませんよね。

最近は様々な資格をとる人や、日々の生活レベルを少しあげている人が増えている気がします。

健康でいることと、万が一の貯蓄

この先、社会保障や生活の見通しが不透明な状況。

独身の人は、老後はひとり分の年金しかないため、これから先しっかり貯蓄しておくが重要になります。

子どもがいない夫婦の場合は、将来どちらかが先に亡くなった時や介護が必要になった時のために貯蓄を増やしておくこと。

入院や手術が必要になった時に、まわりに家族や身内がそばにいない人は、万が一病気で倒れてしまった時大変さが身にしみます。

健康でいることは、結果的にも資金の節約につながります。

その他にも子どもを産んでいない女性は様々な病気のリスクもあるので、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

30代、結婚、子どもを産む、キャリア、分かれ道

そして、ずっと元気だと思っていた自分の親の老後が気になり始める頃です。

急な親の介護費用や、援助でお金がかかるお金も頭にいれておかなければなりません。

最後に

命の寿命と健康寿命は同じではないので、医療費や介護費用のことも考えておかないけませんね。
しかしお金は自分らしく生きるための武器ともいえます。
これが自分の生きる道と自信をもって、計画的なシニアライフを手に入れたいですね。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.