Sweets

宮崎のフォトジェニックなカフェ「ANZU CAFE plus CAKE shop」

更新日:

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ
※新型コロナウイルスの影響により、一部のお店が通常と異なる時間で営業を行なっております。ご来店の際には直接お店にご確認をお願いいたします。

突然ですが宮崎県のイメージと言ったら何を思い浮かべますか。

地鶏、日向夏、高千穂、海岸などがありますが、やはりマンゴーではないでしょうか。

第52代宮崎県知事を務めた東国原氏が、決してメジャーとは呼べなかった宮崎マンゴーをヒットさせ、地域活性化を実現したのです。

なので宮崎に来たら一度は食べてみたいですよね。

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ

マンゴーで調べてみると宮崎駅隣接の「アミュプラザみやざき うみ館」の4階のカフェでマンゴースイーツが食べられるとのこと。

お店の名前は「ANZU CAFE plus CAKE shop」(アンズカフェ プラス ケーキショップ) です。

電車を利用する人や観光客には便利な場所です。

お店は白を貴重とした清潔感のある内装で、尚且つオシャレで居心地が良いです。

フォトジェニックな雰囲気で一人で利用している人も多かったです。
宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ

手前と奥に2人がけのお洒落なソファー席が用意されています。

お食事メニューもありますが、ここは高さ30センチほどあるパフェに決定。

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ

マンゴーの他にも、シャインマスカット、九州産マスクメロン、ビタミンスカッシュ、アメリカンチェリー、葡萄、モンブラン、抹茶、チョコレート、チョコバナナブリュレなどミニパフェも含めたら15種類程ありそうです。

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ

宮崎県産完熟マンゴーブリュレパフェ

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ
期待を膨らませて待っていると運ばれて来ました。
スプーンの長さにもびっくり。
マンゴーの果肉の他に、メレンゲのお菓子、ヨーグルトクリーム、ココナッツアイスが入っていて、所々パリパリ食感のブリュレされたカラメルが忍ばしてあります。
マンゴーの甘みの中にヨーグルトがあっさりとまとめ、後からココナッツの奥深さを感じます。
様々な味のハーモニーだけではなく、ザクザクとした食感も楽しめます。

少々食べずらいですが、つぎにどんな味が来るのかワクワクしながら数人でシェアするのがいいかもしれません。

ちなみに宮崎県産完熟マンゴーブリュレパフェお値段は2,000円くらいでした。

100%フルーツジュース(葡萄)

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ
こちらは葡萄の100%ジュース。
グラスの淵に葡萄が一つ刺さって付いてきます。
写真を見ての通りお味は濃厚です。
しかし、夏の暑さで喉が渇き一気に飲み干してしまいました。

宮崎、フォトジェニック、カフェ、アンズカフェ、プラスケーキショップ

Information
■住所 :宮崎県宮崎市老松2丁目2−224F
■Tel :0985-64-8388
■営業時間 :11:00~22:00
■定休日 :アミュプラザみやざきに準ずる
■インスタグラム : アンズカフェ
■アクセス :宮崎駅前のアミュプラザみやざき4階

あとがき

マンゴースイーツが食べられるお店は宮崎市内にいくつかありましたが、一番駅近の「ANZU CAFE」をご紹介しました。
お客さんは地元の方と観光客と半々くらいな感じでした。
もちろんショーケースからケーキを選んで飲み物とセットで注文することもできますよ。
果物を丸ごと使ったインスタ映えするようなケーキがずらりと並びどれも美味しそうでした。

関連記事: まるで東京のようなお洒落な商業施設「アミュプラザみやざき」

関連記事: お土産を買うなら、アミュプラザみやざき「ひむかきらめき市場」

-Sweets
-, , ,

Copyright© visiomire.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.