トレンド

女子力UP!見えないからこそお金をかける、パリジェンヌのエスプリ

更新日:

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ

スポンサーリンク

見えないランジェリーに気を使っていてこそ、いい女。

これはパリジェンヌの精神。

フランス人は年齢に関係なく、ランジェリーにはとことんお金をかけます。

洋服の下に隠れているからこそ、毎日のコーディネートを楽しんでいるよう。

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ

また日本では男性と一緒に下着売り場に行くのは気が引けるという日本人とは違い、似合うものを男性と一緒に選ぶというフランスの文化はあまりに異なります。

そこで今日は女子力を高めるために、おすすめのフランスのランジェリーをまとめました。

フィフィ・シャシュニル(Fifi Chachnil)

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
1984年デザイナーのフィフィ・シャシュニルにより立ち上げられた、フランス・パリの老舗ランジェリーブランド。

「Fifi Chachnil」は陽気でユーモア溢れ、時には激情的なパリジャンヌたちをイメージしているんだとか。

繊細なレースがあしらわれた下着や、着心地にこだわった上質な洋服を展開し、フランス・パリでは有名なお店の一つ。

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
世界中にファンを多くもつ「Fifi Chachnil」は、ピクシー・ロット、ヴァネッサ・パラディ、ケイト・モス、シャルロット・ゲンブズールや日本のモデル梨花さん、紗栄子さんなど多くのファッショニスタたちに愛されています。

日本で購入する場合は、楽天市場・ZOZOTOWN、BUYMYなどのウェブから購入できます。

リズ・シャルメル(Lise Charmel)

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
フランスを代表するブランドの1つ。

オートクチュールのテクニックをあますことなく用いたデザインやカッティングはブラジャーやショーツのサイド、バックスタイルにとことんこだわっています。

ブラ、ショーツ、水着にとどまらずネックレスやピアス、アイマスクなどの小物までエレガントな世界観を演出します。

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
「Lise Charmel」のランジェリーの美しさは、ボディラインがとてもきれいにでて、溜息が出てしまうほど。

そして見た目も機能性も完璧です。

「Lise Charmel」の輸入代理店はリバコ。

全国のランジェリー専門店でのお買い物が可能です。

オーバドゥ (Aubade)

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
「Aubade」とはフランス語で”朝の詩”の意味。

1875年医療用コルセットをはじまりとしてパリに創立。

「Aubade」は、フランス・パリの百貨店などでも、最も人気の高いランジェリー。

その理由は、〝男性が恋人に着て欲しいランジェリーNo.1〟に選ばれるほどセクシーでおしゃれなんです。

「Aubadeのアイテムを身につけた女性はランクがアップする」とまで言われるほど、世界各国で絶大な支持を得ています。

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
またモノクロ写真を使った広告ビジュアルはセクシーでブランドイメージを最大限に表現しています。

日本では栄進物産という会社が輸入代理店となり全国の百貨店や専門店、自社のオンラインショップで展開しています。

プリンセス タム・タム(Princesse tam.tam)

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ

1985年に最初のランジェリーコレクションを発表し、1987年にはモンパルナスに1号店をオープンさせたブランド。

コンセプトは「女性が自分らしくあるための下着」。

広告もコケティッシュなデザインが目を惹きます。

ブラや、ショーツだけではなくニット素材のラウンジウェアやパジャマ、スポーツウェアも展開しています。

手ごろな価格とリラックスタイプのトライアングルブラが日本国内でも好評。
現在はフランスをはじめ、全世界に144店舗を構えています。

日本では、2014年よりファーストリテイリング(ユニクロ)傘下で展開をスタート。

昨年背中に大きくレースをあしらったヒートテックが話題になりました。

シモーヌ・ペレール(Simone Perele)

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
1948年創業のブランド。

ポール・マッカートニーの娘で写真家のメアリー・マッカートニーがブランドビジュアルを撮影するなどクラシックでありながらモダンな感性を感じるブランドです。

その魅力は、高級感のあるヨーロピアンエレガンスを基調にした美しいデザインと着け心地の良さ。

繊細・華麗なレースをつかって描かれる美しい曲線、無理に作りすぎることのない自然なフォルムにあります。

「Simone Perele」の輸入代理店はワコールです。

シャンタル・トーマス(Chantal Thomass)

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
最もパリらしいランジェリーと言えるのが「Chantal Thomass」。

他のブランドとはひと味違う、ポップでモードなランジェリーは、世界中の女性からラブコールが絶えません。

かつては洋服のデザイナーで、日本の巨大アパレルメーカーで洋服ラインを出していたこともあったんだとか。

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ
そんな背景からか下着とは思えないほど美しく、ポップなテキスタイル使いも特徴的なんです。

独創的でファッション性の高さは他のブランドでは味わうことができないおしゃれランジェリーです。

女子力UP、ランジェリー、お金をかける、パリジェンヌ、エスプリ

最後に

いかがでしたか?
細かいディテールに高級レース使いのランジェリーの数々。
パリジェンヌがランジェリーにお金をかける理由がわかりますね。
フランス発の高級ランジェリーは身につけるだけで女度をアップさせてくれるはずですよ。

-トレンド

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.