アート・カルチャー

有名なセレブは、なぜ彼女の前で裸になるのか?天才女性カメラマン「アニー・リーボヴィッツ」の記録

更新日:

有名セレブ、なぜ裸になるのか、天才女性フォトグラファー、アニー・リーボヴィッツ、記録

今日はアメリカ合衆国の写真家で最近ドキュメンタリー映画が上映された「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」についてご紹介します。

アニー・リーボヴィッツは、ジョン・レノンと妻オノ・ヨーコや、ブラッド・ピッド、レオナルド・ディカプリオなど多くのセレブのポートレートをおさめてきたアメリカを代表する、凄腕の女性カメラマンです。

有名セレブ、なぜ裸になるのか、天才女性フォトグラファー、アニー・リーボヴィッツ、記録

ANNIE LEIBOVITZ: LIFE THROUGH A LENS

タイトル:アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

制作年:2007年

製作国:アメリカ

上映時間:83分

ジャンル:ドキュメンタリー

スポンサーリンク

世界中のセレブを被写体に活躍を続ける女性写真家アニー・リーボヴィッツに迫るドキュメンタリー。

輝かしい成功を手にした一流のポートレート・フォトグラファーが、女性として母として全力で生きる原動力は一体何なのか。

アニー・リーボヴィッツのこれまで

1949年10月2日アメリカで生まれ。

米国空軍に勤める父と、モダン・ダンサーの母との間に生まれた彼女は父親の仕事の関係で全米各地で暮らしたそうです。

「サンフランシスコ・アート・インスティチュート」で絵画を学ぶが、作業研究で暮らしたイスラエルで写真を撮影したことが転機となります。

有名セレブ、なぜ裸になるのか、天才女性フォトグラファー、アニー・リーボヴィッツ、記録

アメリカ帰国後、定期購読していたローリングストーン誌 にイスラエルで撮影した反戦運動の写真を持ち込みます。

その写真が編集者の目に留まり、いきなり雑誌に掲載されることになり、彼女の輝かしいキャリアはこうして始まりました。

1973年ローリングストーン誌のチーフ・フォトグラファーになり、1975年のローリングストーンズのツアー・ドキュメントの仕事が彼女を一躍有名にしました。

有名セレブ、なぜ裸になるのか、天才女性フォトグラファー、アニー・リーボヴィッツ、記録

1980年には有名なジョン・レノンとオノ・ヨーコの暗殺前の最後の写真をローリングストーン誌の表紙の為に撮影。

その時ジョン・レノンは、無名の彼女の撮影に非常に協力的だったんだとか。

この写真が表紙となったローリングストーン誌の1981年1月22日号は、2005年に米雑誌編集者協会から、過去40年間に全米で発行された雑誌の中の「最優秀表紙写真」に選ばれています。

最後に

彼女の作品はただの写真ではなく、その人の人生やオーラまでも映し出し、その一枚で様々なメッセージ生あり一つのアート作品のように被写体を撮る天才的な人だと思います。
どの業界人からも高く評価を受けるアニー・リーボヴィッツのポートレートは写真家としても、一人の母としても完璧な人で私の目標でもあります。

-アート・カルチャー
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.