Cafe

キーワードは”チェンマイ発祥”「ヴィアン・ジュム・オン・ティーハウス」のリッチなアフタヌーンティーを堪能!!

投稿日:

ヴィアンジュムオンティーハウス、キーワード、チェンマイ、アフタヌーンティー
2007年にチェンマイから広まった紅茶専門店『Vieng Joom On Tea House』(ヴィアンジュムオンティーハウス)を友人に教えてもらい、最近ここのカフェがタイ在住の女性に人気があるんだとか。

『ヴィアンジュムオンティーハウス』の本店はチェンマイのピン川沿いにあり、ビビットなピンクを基調とした可愛らしいお店造りで、フリーペーパーにも取り上げられている話題のお店です。

ヴィアンジュムオンティーハウス、キーワード、チェンマイ、アフタヌーンティー
中華系でチェンマイ出身のオーナーは元眼科医。
ある時医師を辞め世界を旅して一番気に入った街が、インドの「ピンクの街」というところだったことから、北タイ語で店を命名したとのこと。
また50種類以上ある茶葉は研究を重ね、様々な国から集めたもので、オーナーの拘りが伺え知れます。
ヴィアンジュムオンティーハウス、キーワード、チェンマイ、アフタヌーンティー
今回訪れたのは、バンコクのセントラルワールドにはいっている『ヴィアンジュムオンティーハウス』。
5階はインテリアフロアーになっているため、閑散とした雰囲気で店内にお客さんはいませんでした。
ゆっくり会話を楽しむにはちょうどいい場所かもしれません。
ヴィアンジュムオンティーハウス、キーワード、チェンマイ、アフタヌーンティー
紅茶専門店だけあって、聞いたこともないようなオーガニックティーも種類豊富に取り揃えていて、今回はスコーンが4つ付いている、アフタヌーンティーセットと、別にストロベリーとベリーのスムージーを注文しました。
(合計380バーツくらい)
ちょっとした小物使いにセンスが感じられ、女子が好きそうな色遣いで上手にまとまっています。
ヴィアンジュムオンティーハウス、キーワード、チェンマイ、アフタヌーンティー
運ばれてきたスコーンはプレーンとレーズン入りの2種類。
仄かに温かく、焼きたてのようなしっとり感も残っていて、とても美味しかったです。
小さな容器に入っていたのはリンゴシャム、アーモンドクリーム、塩バター、ハチミツの4種類。
どれもアーモンドクリームや、塩バターは珍しく、どれもスコーンと相性がよく、一瞬でなくなってしまいました。
ヴィアンジュムオンティーハウス、キーワード、チェンマイ、アフタヌーンティー
セントラルワールド店にはお花で縁取られたカップル用のブランコが設置されており、度々カップルがこの席に座っていのを見かけました。
詳細
住所:Central World, floor 5, in front of Zen (Zone A)
TEL:02-6131093
営業時間:10:00~23:00
ホームページ:http://www.vjoteahouse.com/

最後に

最近のバンコクに住む日本人女子の間で流行しているのはチェンマイ発祥というキーワードです。
チェンマイ発の雑貨屋さんや、チェンマイの伝統料理など、いい物を求めて密かにファンが拡大中です。
セントラルワールドの『ヴィアンジュムオンティーハウス』は
とても静かなので、美味しい紅茶を飲みながらとても優雅な一時が味わえるはずです。

-Cafe
-,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.