タイ移住

日本の渋谷を超える?!近代都市バンコクの商業施設まとめ

更新日:

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

スポンサーリンク

バンコクはここ10年で驚くスピードで急成長を遂げた国の一つです。

もちろん物価や、人々の賃金もどんどん上がってっています。

富を掴もうとバンコクに過密して住むタイ人。
そしてタイに一番多く住んでいる外国人は、そう日本人なのです。

バンコクの中心地、サイアムは平日にも関わらず大勢の人が押し寄せます。

セントラルワールド

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設
「ZEN」や「伊勢丹」がはいっている、巨大モール「セントラルワールド」に行けば何でも物が揃います。

伊勢丹では日本と同じようなお店の作りで、最上階の「紀伊国屋書店」では日本語の書籍が揃っているため、多くの日本人がここを利用しています。

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

また日本でも定番の、ファストファッションブランドがここに一同に揃っています。

■ファストファッションブランド
・ZARA(ザラ)
・H&M(エイチ&エム)
・Forever21(フォーエバー21)
・Bershka(ベルーシュカ)
・MANGO(マンゴ)
・UNIQLO(ユニクロ)
・Marks&Spencer(マークス&スペンサー)
・GAP(ギャップ)
・Topshop(トップショップ)
・TopMan(トップマン)
など

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

詳細
住所:Central World 4,4/5 Rajdamri Phathumwan, Bangkok 10330
TEL:02-100-9999
営業時間:10:00~22:00
定休日:年中無休
ホームページ:http://www.zen.co.th (英語)
最寄り駅:サイアム駅6番出口、またはチットロム駅1番出口

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

サイアムセンター

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

「サイアムセンター」は、2013年11月にリニューアルオープンしたばかり。
ショップは200店舗以上。

内装はニューヨークのソーホーをイメージして造られたんだとか。

日本にはまだ上陸していない米国の人気下着メーカー「ビクトリアシークレット」も入っています。

ここの特徴はタイ国内のデザイナーが手がける、個性的なショップが沢山はいっているので、個性はを目指す若者に人気があります。

上のフードコートは黒を貴重とした内装でとてもスタイリッシュ。
メニューもインターナショナルな料理が食べられるため、多くの外国人がここを利用しています。

詳細
住所:Rama 1 Rd., Patumwan Bangkok 10330
TEL:02-658-1000
営業時間:10:00~22:00
定休日:年中無休
ホームページ:www.siamcenter.co.th (タイ語・英語)
最寄り駅:BTSサイアム駅下車、1番出口直結

サイアムスクエア1

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

「サイアムスクエア1」はサイアム駅前にできたばかりの新名所で、館内は吹き抜けで開放的な屋外の商業施設です。

その先には有名な「チュラロンコン大学」があり、多くの学生さんで賑わっています。

ここにはあのアメリカ合衆国のカジュアルブランド「AMERICAN EAGLE」(アメリカン・イーグル)が入店しています。

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

また地下1階から地上2階まである「ハロー・キティー・ハウス」が人気をよんでいます。

詳細
住所:254 Phayathai Road,Wangmai,pathway Bangkok 10330
TEL:02-255-9994-7
営業時間:10:00~22:00
ホームページ:http://siamsquareone.com/home.php

渋谷以上に都会、近代化都市バンコク、商業施設

最後に

バンコクは日本の東京より遥かに近代化が進んでいます。
新しい商業施設は、入居するテナントはどこも全く同じですが、外身の外観フォルムやテーマをもったフロアー作りがとても上手で、凝っています。
残念なことは飲食店とショップが同じフロアーに突然現れたり、商業施設内を鳥やネズミが走り回っていること。
どこもとても広い敷地に様々な物が置いてあるので、観光でお土産探しにはぴったりかもしれませんね。

-タイ移住
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.