Lifestyle

非婚ですが、それが何か?食の価値観だけは妥協したくないアラサー女子

更新日:

非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
30代に迫ってくると、まわりが結婚ブームやベビーブームを迎え、親や親戚からは「結婚しないの?」と必ず聞かれるフレーズ。
嫌でも意識してしまう「結婚」という言葉。
とはいえ、「独身の方が気ままな生活が送れて、何よりも楽」と考えている人も多いはずです。

一生結婚しないとう考えの女性が増加中で、生涯未婚率もすでに2割。


それに連動して結婚しない30代、40代の女性が今増えているのです。
なぜ結婚しないかという理由は人それぞれですが、その中でも「食への価値観」は結婚の決め手に大きく左右されると私は感じます。
食事は生活の柱です。
そこで嘘をついて結婚しても不幸になるだけ。
なぜなら結婚は「生活」そのものだから。
非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
妥協して結婚して後悔したくない。
お金がかかる女に見られたくないからと過剰に庶民派アピールをしてみても、舌の趣味が全く違うと食事は楽しくないし、そんな男性と結婚しても先が思いやられるだけです。
しかし理想を追い求めすぎると、この先本当に結婚できるのかな?という焦りが出てくるかもしれません。
個性が強い人、譲れない好みがある人は、それを隠さず堂々としていた方がマッチングの確率があがると思います。

食にこだわる女性

非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
・食の好みが合わない男性とは初めから無理
・新しいお店は価格帯を気にせずチェックをいれる
・お酒を生活から取るなんてまっぴら
・とにかく安くてお腹がたまればいいなんて信じられない
以上のような女性は浪費癖がありそうで、しかも何に対してもこだわりが強いから、色々と要求が高そうと嫌煙されがちです。
ましてや結婚したらお金かかりそうだし、家計管理を任せられないなんて声が聞こえてきそうですよね。
非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
食への関心度は年齢を重ねるごとにランクアップしていきます。
味は不味いけど、おしゃれなレストランには興味ありません。
それよりちゃんと美味しいものにお金を払いたいというストイックな考えをもつ女性が増えています。
男性の意見はこうです。

男性の本音

非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
・外食ばっかりだと引く
・やっぱり外食する子より、料理する子の方がいい
・お酒の飲み方が大胆だと過去に何かあったのかと想像してしまう
・お店のチョイスがハイレベルだと2回目はない
「お金がかかりそう」「料理しなさそう」という最悪なイメージ
つまり、外食に金を使う女は嫁に不適格とみなされてしまいます。

男性が求める理想的な女性像

非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
・男をたてる
・毎食自炊
・お弁当をもたせてくれる
・料理上手
このような伝統的なお嫁さん像を求める男性は多少減りましたが、料理は下手より上手の方が男性は帰宅を楽しみにするはずです。
しかし、女性は昔のように男はデート用の店をきちんとわかっていて、スマートにエスコートするべきなんて思ってはいません。
非婚、それが何、食の価値観、妥協しない、30代、女子
むしろ予約やお店選びはどっちがやってもいいと考えているし、毎回おごらせるのではなく、どうせなら2人で払って美味しいものを食べたいと考えています。
自分の好きなことを優先するのはただのわがまま?
自分はもう売れ筋ではないと思い諦めずに、自分の食の思考とマッチする人はどこかにいるはずです。

最後に

「結婚したい」と言いながらも、なかなか結婚しない人は、こだわりが強く、何より自由を求める人。
結婚に妥協なんて絶対したくないという女性は多いと思います。
金銭面で不自由がないパートナーと妥協して一生暮らすより、独りの方が縛られることもなく、自由を謳歌できるので良いということでしょうか。

-Lifestyle
-

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.