カフェ

「UCCオリエンタル」でコーヒーを嗜む自分時間のすゝめ

更新日:

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間

今日ご紹介するカフェは、ゲートウェイエカマイにある「The UCC Oriental(UCCオリエンタル)」です。

この「Gateway Ekamai(ゲートウェイ・エカマイ)」は、日本のライフスタイルや文化をコンセプトとした大型商業施設になっています。

BTSエカマイと2階部分が繋がっていて、入り口はいってすぐのところに「The UCC Oriental(UCCオリエンタル)」はあります。

UCCの直営店は現在バンコクに4店舗あるそうで、シーロムエリアに住んでいる筆者は全く縁がなく、3年間住んでいて今日がお初。

スポンサーリンク

そもそも、日本ではUCCといえば缶コーヒーが有名ですよね。

小売店で売られている缶コーヒーやインスタントコーヒーを販売するUCC(UCC上島珈琲)。

それとは別に店舗として展開している上島珈琲店(ユーシーシーフードサービスシステムズ)は、UCCホールディングスを持ち株会社としたグループ会社なんだそうです。

話は戻りますが、お店に入って真っ先に目につくのはゴージャスなシャンデリア。

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間

店内は天井が高く開放感があります。

ロフト席もあってお洒落な創りになっています。

お客さんの大半はアッパークラスのタイ人と、この日は日本人ビジネスマンが多かったです。

ここに子連れで来るのはちょっとレベルが高い気がします。
(筆者はママ友と来ましたが、子供たちは寝ていたのでその隙に美味しいコーヒーを嗜みました。)

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間

ランチはお得な価格で本格的な洋食メニューが食べられるようです。

■ランチメニュー(10:00~15:00)
・オムライス
・カツカレー
・ナポリタン
・カルボナーラ
・ハンバーグなど

コーヒーは5つの抽出方法から選べるのもたまりませんね。

■抽出方法
・サイフォン
・ハンドドリップ
・ウォータードリップ
・フレンチプレス
・エスプレッソ

コーヒー豆の産地も南米からアフリカまで一通り揃っていて、どれも上質なアラビカ種が使われています。

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間

今流行りのオールデイブレックファストもありました。

こだわりのコーヒーに合わせてフレンチトーストやワッフル、クレープ、プリンなどものデザートも用意しています。

■グァテマラ(120バーツ)
UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間
サイフォンで時間をかけてフラスコに落としたコーヒーがそのままテーブルに運ばれてきます。
そして目の前でカップに注いでくれる演出も◎

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間
酸味は適度。
深いコクと苦味が特徴的で、わりと飲みやすいコーヒーだと思います。

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間
カップも薄くて品が感じられます。
インテリアや照明も落ち着いた雰囲気で、こういう空間で飲む上質なコーヒーもたまにはいいですね。

店舗概要
住所 :Gateway Ekamai MF Floor, 982/22 Sukhumvit Road, Prakanong, Klongtoey, Bangkok 10110, Thailand
TEL :02-650-5400
営業時間 :10:00~22:00
定休日 :なし
席数 :64席(ベビーチェアなし)
ホームページ :https://www.facebook.com/TheUccOrientalThailand/(フェイスブック)

UCCオリエンタル、コーヒー、嗜む、自分時間
アクセス :BTSエカマイ駅4番出口より直結。

最後に

駅直結という便利なロケーションにあるため、日本のビジネスマンや日本人マダムが多く利用していました。
そのためか「ルノアール」とか「星乃珈琲店」レベルの大人の珈琲専門店の印象を受けました。
店員さんもみなさん気配りが上手で、ゆっくりとした時間が過ごせるはずです。

-カフェ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.