アート・カルチャー

まるで「グレート・ギャツビー」の世界!NYのジャズ・エイジ・ローン・パーティーが本格的すぎる

更新日:

グレート・ギャツビーの世界、ニューヨーク、ジャズ・エイジ・ローン・パーティー、本格的

1920年代スタイルとジャズを楽しむ「第11回ジャズ・エイジ・ローン・パーティー(Jazz Age Lawn Party)」が今年も二日間に渡り開催され、多くのニューヨーカーがこのパーティーに参加しました。

場所はニューヨーク・ マンハッタンの南端からフェリーで10分ほどのガバナーズ島。

夏の間だけ足を踏み入れることが出来る小さな島です。

グレート・ギャツビーの世界、ニューヨーク、ジャズ・エイジ・ローン・パーティー、本格的

そのスペシャルな場所で毎年繰り広げられているのが、「ジャズ・エイジ・ローン・パーティ(Jazz Age Lawn Party)」です。

青空の下、20年代を代表するフラッパースタイルで集まった参加者は、生バンドの演奏に合わせてダンスに興じ、当時を再現したグルメでピクニックを楽しみます。

ニューヨーカーはこのジャズ・エイジの風俗が大好きで、しばしばジャズ・エイジをテーマにしたパーティが開かれますが、なかでもこのジャズ・エイジ・ローン・パーティは最大規模の屋外パーティ。

テーマはアメリカの1920年代をイメージした服装。

レースやフリンジのついたミディドレスにロングネックレスは定番。

ヘアスタイルはボブヘアにボヘミアン風のコサージュを飾りつけたり、モダンな傘をさしてレトロスタイルを存分に楽しんでいます。

グレート・ギャツビーの世界、ニューヨーク、ジャズ・エイジ・ローン・パーティー、本格的

男性は蝶ネクタイにサスペンダー、スラックスの裾からのぞかせる靴下でさえおしゃれです。

そう、ニューヨークのコスプレは、日本のアニメティッシュとは違い、シックで知的な雰囲気があります。

スポンサーリンク

あまりに本格的すぎて、タイムスリップしたような気分を味わうことができます。

グレート・ギャツビーの世界、ニューヨーク、ジャズ・エイジ・ローン・パーティー、本格的

昔の蓄音機からの音楽に耳を傾けながらダンスを楽しみ、アンティークカーの展示や当時を再現したグルメを味わういます。

そもそもジャズ・エイジとは1920~1930年のジャズが隆盛した時代のこと。

カラフルなキャンディカラーに囲まれて、会場は一体感を放っています。

一つのパーティーでも、テーマや縛りがあると、まるで映画の中のような醍醐味を感じますね。

グレート・ギャツビーの世界、ニューヨーク、ジャズ・エイジ・ローン・パーティー、本格的

まさに、フィッツジェラルドの有名な小説「華麗なるギャッツビー」の世界を再現したような華やかな装いの人達で会場は溢れています。

100年近く前なのに、いま見てもとても新鮮なフラッパースタイルを着こなすニューヨーカーも凄すぎです。

ポップカルチャーとはひと味違い、ニューヨークのコスプレセンスは抜群で、とっても文化的なところに惹かれます。

グレート・ギャツビーの世界、ニューヨーク、ジャズ・エイジ・ローン・パーティー、本格的

詳細
場所:Governors Island, Colonels Row(ガバナーズアイランド、コロネルズロー)

日にち:2016年6月12日、8月13日、14日

時間:11:00~17:00

料金:・General Admission ($55)
・Jazz Baby ($95)
・Bee Knees ($115-$125)
・Bonnie & Clyde ($235)
・Children free

行き方:Battery Maritime Buildingからフェリに乗り約10分でガバナーズアイランドに到着します。

最後に

「ジャズ・エイジ・ローン・パーティ」はニューヨーク通なら必ず知っている、ファッショナブルなイベントです。
当時の抑圧されたエネルギーが感じられ、スタイルやダンスに「主張」が全面で出ていてとても刺激的です。
ファッションや音楽に興味がある人は是非一度参加してみてくださいね。

-アート・カルチャー
-, ,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.