Cafe

タニヤビルに新しくオープンしたカフェ「ジェラテリーア・ギンニョーニ」

更新日:

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

年が明け、2018年になったというのにもう20日も日が経っていることに驚き。

過去の反省をふまえて考える、新年の抱負はズバリ「何ごとも努力すること」

これまではタイでダラダラと日々を過ごし、育児も手を抜きすぎていたので、今年はもう少し自分でできる限りのことは一生懸命努力してみようと思います。

今年にはいり長らくベトナム・フーコック島の旅行記を書いてきましたがそろそろ終了。

素敵な島だったのでもっと滞在したかったですが、カムバックはいつになることやら。

さて、場所はタイ・バンコクに戻って、去年訪れたイタリアンジェラートのお店をご紹介します。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

場所はタニヤビルの一階にあり、以前は違うカフェだったような。

「Gelateria Ghignoni(ジェラテリーア・ギンニョーニ)」は、

スポンサーリンク

1994年にイタリアで初代「ジェラート職人チャンピオン」になったパルミーロ・ブルスキ氏のお店。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

その他「ガンベロロッソ賞」「国際ジェラート賞」も受賞している実力派。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

自慢のイタリアンジェラートは、人工着色料と香料を添加しないで新鮮で高品質の成分のみを使用しているのだとか。

ジェラートはレモン、ミルク、ハニー、ラズベリー、ストロベリーピスタチオ、抹茶、ティラミス、チョコレートなどなど。
タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

こんなに色鮮やかなのに人工着色料を使っていないのは驚き。

価格はシングルで59バーツ、ダブルで89バーツ。

その中でもジェラートに生クリームやヨーグルトを取り合わせたプレミアムフレーバーは値段が異なります。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

ジェラートは次回試すとして、今回のお目当てはイタリア産のチョコレートです。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

これは後日書くとして、ショーケースの中のティラミスがあまりに美味しそうだったのでお持ち帰りにしました。

■ティラミス(125バーツ)
タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

ヘビーそうの見えますが、食べてみるとおもったほどしつこくなく軽い感じでした。
クリームチーズとマスカルポーネが使われていて、上にはたっぷりのココアパウダー。
これは大人な味。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

スポンジにはブランデーも染み込ませてあって、結構本格的なイタリアのティラミスでした。

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ

店舗概要
住所 :252/5 Si Lom, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
TEL :087-811-6462
営業時間 :11:30~23:00
定休日 :不明
フェイスブック : ghignoni

タニヤビル、新オープン、カフェ、ジェラテリーア・ギンニョーニ
アクセス :BTSサラデーン駅直結「タニヤビル」1階奥

最後に

タニヤビル一階の奥にあるカフェスペースは人の行き来が多い場所。
待ち合わせにもちょうどよいし、呑んだあとにさっぱりとしたジェラートを食べるものアリ。
ちなみにパルミーロ氏は親日家としても有名。
日本にも美味しくて手頃なジェラート屋さんができることを願います。

-Cafe
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.