Trip

サブカル系のコミュニティーが集まる「ソイ・ナナ」と、その周辺を散策

更新日:

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

中国語の看板が並ぶ鮮やかな街並みと、そこに住むパワフルな華僑の人たち。

そして、むせ返るような排気ガス。

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

それがバンコクのチャイナタウン・ヤワラート。

様々なものが入り乱れ、ただ歩いているだで目が回りそうですが

スポンサーリンク

外国人が虜になってしまうような魅力がここにはあります。

歴史

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

チャイナタウンの歴史はアユタヤ時代まで溯ります。

ビルマ軍によって破壊されたアユタヤの次に新たな第2の都市をつくろうと、当時のトンブリ王朝はバンコクのチャプラヤー川西側に街を再建しました。

行き方

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策
最寄駅はMRTフアランポーン駅と国鉄のフアランポーン駅。

そこからチャイナタウンまでは徒歩20分くらいかかります。

タクシーが便利ですが、どうせならゆっくり歩きながら街を見るのがおすすめです。

また、タイのバスに乗り慣れている人だったら4、40、53番などの路線でヤワラートまで行くことができます。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

筆者は中華街手前とソイ・ナナが目的地だったのでMRTフアランポーン駅の1番出口から歩いて向かいました。

目の前の橋を渡り、セントラルステーションビルを目指します。

ソイ・ナナ

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策
今若者の間で話題になっているソイ・ナナへはMaitri Chit Rd(マイトリチット通り)を進みます。

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

みど色建物が見えてきたら、そこを右に曲がります。

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策
ここを右。

正面には「Mai Trichit Church」(マイトリチット教会)がそびえ立っています。

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

ソイ・ナナ入った角にお店を構えるのがホテル兼カフェの「103 – Bed and Brews」(103 ベッド アンド ブルーズ)
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

壁にはアーティスティックな作品が飾られ、お洒落な雰囲気でした。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

その少し先にあるのがこちらタパス・バー「El Chiringuito」(エル チリンギート)
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

「Nahim Cafe×Handcraft」(ナヒム・カフェ×ハンドクラフト)は夢かわいい女子向けのカフェです。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

関連記事: アルパカ尽くし!乙女心くすぐるソイ・ナナの「Nahim Cafe×Handcraft」

その向かいの小道を行くとお花屋さんと一緒になった「NANA Coffee Roasters」(ナナコーヒーロースターズ)があります。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

関連記事: バンコクで最高にお洒落なカフェ&フラワーショップ「NANA Coffee Roasters」@ヤワラート

寺院巡り

サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策
そこから歩いて数分のところにあるのが、観光客が必ず訪れる「Wat Traimit」(ワットトライミット)です。

さらに直進を続けると前方にチャイナタウンの入り口である中華門があります。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

サパーンタクシンから走るCharoen Krung Rd(ジャルンクルン通り)は、ここでYaowarat Rd(ヤワラート通り)に繋がります。

しばらくヤワラート通りを進むとと右側に「天華醫院」と書かれた寺院と病院があります。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

この寺院は病気の治癒にご利益ありとのことですよ。
サブカルチャー、コミュニティー、集まる、ソイ・ナナ、周辺、散策

その先はさらに賑やかになり、「関帝古廟」あたりからサンペーンに続きます。

さらに先にシーク教寺院があるパーフラット市場へと繋がっています。

関連記事:バイヤーが集まるサンペーンレーンとリトルインディアンと呼ばれるパフラットを散策!!

あとがき

数年前からお洒落なバーやギャラリーなどが次々とオープンし、ちょっとしたサブカルチャーのコミュニティができ上がってきているのソイ・ナナ周辺。
主に夕方からオープンするお店が多いですが、日中時間があまっていたら、そこから少し足を伸ばしてヤワラートまでのんびり散策してみるのもおすすめですよ。

-Trip
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.