旅行・お出かけ

スリランカの禁酒日「フルムーン・ポヤ・デー」と、お酒を買うための「男のルール」

更新日:

スリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルール

スリランカ人の男性は実はお酒好きですが、あまり公の場で大胆には飲みません。

こっそり買って、こっそり仲間と飲むのがスリランカ流。

スポンサーリンク

まずお酒が買える場所は各街に一軒はある、柵越しの酒屋さんを探すことです。

町の人に聞けば教えてくれるはずです。

カウンター越しに鉄格子がしており、ここの一角だけは男性が群がっているので、わりと見つけやすいです。

スリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルール

お酒を買う時の心得

1、順番は気にせず、がんがん進んで欲しいものを店員に伝える。

2、冷蔵庫から出してくるが、あまり冷えていない。

3、銘柄がわからなければ、隣りの人に聞いて注文してもらう。

4、購入したらすぐさま、服の中か中身が見えない袋にしまうこと。

5、女性はあまりこの場にそぐわない雰囲気で、誰1人として女性はいない。

スリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルール

スリランカ人は割り込んではいって、パッとお酒を買って、さっと自分のサロン(腰巻き)の中に隠して、すぐさま立ち去る人が多く、ましてや女性がお酒を購入している姿はどこにもなく、スリランカでは公の場でお酒を飲むことはあまり良いイメージがないようです。

また、空便を持参してアラック(ヤシ酒)を入れてもらって帰る人の姿もありました。

スリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルール

禁酒デー

毎月、満月の日「フルムーン・ポヤ・デー」は、スリランカの人々はお酒を飲めません。

この日は国民の休日にもなっており、酒屋やスーパーのお酒販売コーナーは閉店し、街中だけでなくホテルのレストランやバーでも提供されません。

仏教徒は労働を断ち一日からだを休め、寺院に参拝する聖なる日とされています。

仏教の盛大のお祭り

5月の(ヴェサック)のポヤ・デーに全国で行われるヴェサック祭は、仏教の盛大の祭典です。

仏陀にまつわる物語を描いた壁画や電飾で街は飾り立てられ、露天が沢山出て盛大にお祝いする日のようです。

ライオンビール

スリランカの地ビールで、イギリス風の濃い飲み口が特徴。
ラガー、スタウト、ストロングもあります。

スリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルールスリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルール

ヤシ酒

ヤシの花穂から採取した樹液を発酵させたもの。
そのままの微炭酸で甘いお酒を「ラー」といい、それを蒸留させたものを「アラック」と呼び、街の酒屋や土産物店などでも購入できます。

スリランカウィスキー

地元の人には、この「OLDウィスキー」が人気があるようです。

スリランカ、禁酒、フルムーン・ポヤ・デー、男のルール

最後に

スリランカは様々な宗教が入り交じり、基本的にはスリランカ女性はお酒を飲まないようです。
男性ですら一度も公共の場で飲んでいる人を見かけませんでした。
もちろん外国人が集まるレストランやホテルに行けば、お酒を飲めますがスーパーや小さな食堂はお酒を提供していません。
「フルムーン・ポヤ・デー」は1ヶ月に一度行われるので、旅行の際は注意が必要です。

-旅行・お出かけ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.