Chocolate

残念だけど次はない!ポーランド発祥の「チョコヨコ」

更新日:

残念、次はない、ポーランド発祥、チョコヨコ

今日ご紹介するチョコレートは、ポーランドの「Chocoyoco(チョコヨコ)」です。

何度かご紹介していますが、1995年にポーランドで設立した家族経営のチョコレートメーカー。

「Chocoyoco(チョコヨコ)」は、主にタブレットチョコ(板チョコ)の製造を専門としています。

日本でポーランド産のチョコレートはあまり目にしませんが、現在ヨーロッパをはじめ、日本の輸入食品を扱うお店で手に入れることができます。
残念、次はない、ポーランド発祥、チョコヨコ

カカオ85%、カカオ70%、ダークチョコレート45%、ナッツ&レーズンチョコレート、ミルクチョコレートなども日本に入ってきているようです。

残念、次はない、ポーランド発祥、チョコヨコ
■ブランド :Chocoyoco(チョコヨコ)
■商品名 :Chocolate Milk(チョコレートミルク)
■原産国 :ポーランド
■輸入元 :株式会社イノベンション
■内容量 :100g
■カカオ :30%
■カロリー:531kcal(100gあたり)
■税抜き価格 :100円
■ホームページ : チョコヨコ

感想

残念、次はない、ポーランド発祥、チョコヨコ
原材料は砂糖、ココアバター、植物油脂、ホエイパウダー、全粉乳、カカオマス、乳化剤、香料、着色料(野菜色素)、(一部に乳成分・大豆を含む)。
ミルクなら無難と思いましたが、こちらも口どけがイマイチ。
なんとなく粉っぽいような舌ざわりが口の中に残ります。
カカオというより、砂糖菓子を食べているような感覚です。

残念、次はない、ポーランド発祥、チョコヨコ
とにかく甘ったるくて、ザ・外国産のチョコと言った感じ。

関連記事: 食べてがっかり!ポーランドの激安チョコ「チョコヨコ」

関連記事: ポーランド産のリーズナブルで甘いチョコレート「チョコヨコ」

あとがき

ホームページを見てみると、意外と多くのフレーバーを作っていて興味はありますが、どれも同じような味だったのであまり期待はできません。
ただ最近の商品はパッケージデザインにも凝っていて、おしゃれにはなっています。
コストを抑えて量を食べたいという人にはオススメです。

-Chocolate
-

Copyright© visiomire.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.