Chocolate

旧ソ連時代から販売されているチョコ!レッドオクトーバー社の「アンリョカ」

更新日:

旧ソ連時代から販売、チョコ、レッドオクトーバー社、アンリョカ

今日ご紹介するチョコレートは、ロシアの「Krasnyj Octyabr」(レッドオクトーバー)です。

1851年、ドイツ人のセオドア・フェルディナンド・フォン・アイネム氏によってモスクワ市内のアルバート通りに創業。

初めはチョコレートなどを製造する小さなショップでしたが、現在は29,000人を雇用する、老舗大手企業になっています。

現在の会社名は「クラスニー・アクチャーブリ(レッドオクトーバー社)」

その中のアリョンカシリーズは、1966年旧ソ連時代から親しまれているチョコレート。

ロシアに観光に行かれた方ならお土産売り場で一度は目にしているかもしれませんね。

旧ソ連時代から販売、チョコ、レッドオクトーバー社、アンリョカ

ロシア土産の定番にもなっているそうです。

でもロシア=チョコレートとは結びつきにくいですよね。

気になるそのお味を早速実食してみましょう。

■ブランド :Krasnyj Octyabr / Красный Октябрь(レッドオクトーバー)
■商品名 :алёнка(アリョンカポップコーン入りチョコレート)
■原産国 :ロシア
■輸入元 :ヴィクトリー株式会社
■内容量 :100g
■カカオ :不明
■カロリー:189kcal(40gあたり)
■税抜き価格 :98円
■ホームページ : アンリョカ

旧ソ連時代から販売、チョコ、レッドオクトーバー社、アンリョカ
原材料は砂糖、全粉乳、カカオバター、カカオマス、コーンフラワー、ひまわり油、食塩、ポップコーン、砂糖、ぶどう糖、乳糖/乳化剤、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、二酸化炭素、香料、(一部に乳成分、大豆を含む)。
ロシア産のチョコレートと聞いただけであまり期待していなかったけれど、一口食べてびっくり。
パチパチとした食感が面白いのと、味も普通に美味しいのです。

旧ソ連時代から販売、チョコ、レッドオクトーバー社、アンリョカ
ポップコーンというよりは、ポップロックキャンディが口の中で弾ける感じ。
ほぼ砂糖ですがミルキーなチョコレートもあと引く味をしています。

見た目

旧ソ連時代から販売、チョコ、レッドオクトーバー社、アンリョカ
プラトークと呼ばれるスカーフを被った、女の子が描かれた包み紙が店頭でも目を引きます。
伝統的というかアンティークなパッケージで物珍しさがあります。
タブレットのデザインもなかなかオシャレ。
パキッと割ってみると、断面からはポップロックキャンディが顔を出します。

あとがき

ロシア土産の定番でもある「アリョンカ」のチョコレート。
以前筆者もロシアに旅行に行った方から頂きましたが、今回は近所の輸入食材を扱う「キシフォート」というお店で購入しました。
しかも価格もお手頃。
気になった方は是非チェックしてみてください。

関連記事: ロシア人はチョコ好き?!お土産の定番でもある「アリョンカチョコ」

-Chocolate
-

Copyright© visiomire.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.