タイ移住

オリエンタルでアンティーク家具が列ぶ、タイ料理レストラン『ファイソーカム』サイアムパラゴン

更新日:

サイアムパラゴン、ファイソーカム、オリエンタルタイ料理

今日はバンコクのサイアムにある、「サイアムパラゴン」にきています。
「サイアムパラゴン」はバンコクの中心地で駅からのアクセスが良いため、地元のタイ人も、観光客もここを多く利用するため、雰囲気はまるで国際空港のような面持ち。

そして「サイアムパラゴン」で食事となると、フードコートと様々な飲食店が密集する地下フロアーもしくは、4階のレストランフロアーになります。
平日にも関わらず、地下フロアーは常に混雑しており、できるだけ近寄りたくないエリア。

サイアムパラゴン、ファイソーカム、オリエンタルタイ料理 

今回選んだのは4階にある、オリエンタルでアンティークな雰囲気の、タイ料理レストラン『Fai Sor Kam/ファイソーカム』に入ることにしました。

ランチメニューはA~Iまであり、タイ料理を大きなプレートに少しずつ入れて提供しており、とてもお洒落な感じです。

サイアムパラゴン、ファイソーカム、オリエンタルタイ料理

今回注文したのはソムタム、ガイヤーン、カオニャオのセットB。
それに真っ赤な花の着色にほんのり甘い、ドリンクが着いて約120バーツ(約360円)。
アラカルトメニューや、今タイで行なわれているキンジェー(菜食週間)のメニューなど種類豊富で、価格もそこまで高くないところがお勧めです。

お店の家具や装飾品などのインテリアはかなり凝っており、入口正面に置かれた二頭の大きな獅子が出迎えてくれます。

スポンサーリンク

ランチョンマットや食器など細かい所までアンティークで凝っており、タイの伝統的要素を取り入れており、『Fai Sor Kam/ファイソーカム』なら観光でタイを訪れる方にも喜ばれるのではないでしょうか。

サイアムパラゴン、ファイソーカム、オリエンタルタイ料理

最初に運ばれてきたのは、オリエンタルで赤い色をしたドリンク。
店員さんがコレが甘さ控えめでお勧めとのことで、花の名前は忘れましたが、赤しそドリンクのような身体に良さそうな味をしています。

大皿に少しずつタイの料理がのったガイヤーンのセットには、筒のカゴ入りの中にもち米が入れられて少量ずつ色々な物が並べられて可愛らしいプレート。
友人はエビのすり身揚げとグリーンカレーのセットを注文していました。
ドリンクも付いて、この価格はとてもお得だと思います。

サイアムパラゴン、ファイソーカム、オリエンタルタイ料理
この料理は東北部のイサーン料理の代表的なもので、ソムタム(青パパイヤサラダ)、ガイヤーン(骨付きチキン)、カオニャオ(モチ米)、キャベツやインゲンが添えられたものが最もポピューラーです。

これを少しずつ一緒に口に運ぶととても美味しく、クセになる味をしています。
タイに旅行に来る際は是非イサーン料理を試してみて欲しいです。

詳細

住所:991 4th Siam Paragon Shopping Mall ,Rama I Road ,Pathum Wan Subdistrict , Pathum Wan District, Bangkok
TEL:026109717
営業時間:10:00~22:00

最後に

『Fai Sor Kam/ファイソーカム』はとても落ち着きがあり、タイの伝統的な雰囲気が楽しめます。
店員さんの対応もとてもとても良かったです。
一つ残念だったのは、各フロアーでお店の構成がまとまっていないということ。
これは他のショッピングモールにもいえることですが、飲食店もショッション雑貨も同じフロアに共存しているということ。
同フロアーには、鼻が曲がりそうなほど強烈なフレグランスのお店があり、食事の匂いと入り交じっていて、そういう機転がきかないのがタイ。
しかしアクセスのよいサイアムパラゴンでゆっくり食事をとるなら、4階の『Fai Sor Kam/ファイソーカム』はお勧めです。

-タイ移住
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.