Food

品川駅ecuteで立ち寄りたいパン屋さん「ブーランジェリー・ラ・テール」

更新日:

品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール

今日ご紹介するベーカリーはecute品川southにお店を構える「BOULANGERIE LA TERRE」(ブーランジェリー・ラ・テール)です。

ブーランジェリー ラ・テールでは、毎日100種以上のパンが焼きあがります。

そしてそれぞれのパンに合せて

スポンサーリンク

30種類以上もの小麦粉を使い分けているそうです。

また、自然の甘みが特徴で、乳脂肪が高めでコクがある北海道上川郡美瑛町のジャージー牛乳を使っているのもポイントです。

ネットで調べてみるとブーランジェリー・ラ・テールの店舗は渋谷、東京駅、二子玉川、吉祥寺にもあるようです。

品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール

筆者が訪れたのは品川駅構内のecute品川south店。

お店の中まで入らなくても、お急ぎの方はカウンター越しにパンを買うこともできます。

店内は非常に狭く3、4人が限界です。

品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール
レジ横にはお店のおすすめ商品が置かれていました。

他にもジャージー牛乳パンやしあわせを呼ぶクリームパンの他、ハード系のパンも種類豊富に並んでいました。

■シナモン・クラップフェン(200円)
品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール
クラップフェンとは、ドイツを中心とした地域のドーナツの一種。
ずっしりと油を吸った揚げパンにシナモンシュガーをまぶした一品です。
こちらはお店のイチオシ商品のよう。
味は日本のパン屋さんには無い大胆な味で美味しかったです。

■ひよこ豆カレーパン(200円)
品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール
有機栽培のひよこ豆と北海道国産牛とたっぷりの野菜で作られたカレーパン。
ひよこ豆の食感はそこまで感じられませんでしたが、豆を使っている点と、玄米入り豆乳仕立てで作られているため他店のカレーパンよりはヘルシーなのかなと思います。
フレークをつかったユニークな衣は1日経つとしっとりしてしまうので、できればその日に食べるのがおすすめ。
冷めるとカレーの味も淡白になります。

■バタール1/2(125円)
品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール
期待して買いましたが味はいたって普通でした。
しかも表面が焦げていてかなり取り除かないと食べれないレベルでとても残念でした。

品川駅、エキュート、立ち寄る、パン屋、ブーランジェリー・ラ・テール

店舗概要
住所 :東京都港区高輪3-26-27
TEL :03-5421-8005
営業時間 :月-土 7:00〜22:00
日祝 7:00〜21:00
定休日 :なし
ホームページ : laterre
アクセス :JR品川駅構内

あとがき

品川駅構内のエキュートにあって便利は便利ですが、店内が狭いのとスタッフの対応が悪いのが気になりました。
忙しいあまり失礼な対応にがっかりさせられました。
せっかく美味しいパン屋さんなににもう行きたくないと感じました。

-Food
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.