タイ移住

タイのセブンイレブンでPB商品「カプチーノケーキ」を買ってみた

更新日:

セブンイレブン、タイ、プライベート商品、カプチーノケーキ
日本のコンビニ各チェーンが力を入れているのがプライベートブランド商品(PB商品ともいう)。

プライベートブランドとは、コンビニとメーカーが共同開発した商品のこと。

広告宣伝費を節約できる分、安価に提供できる点が大きな特徴なのです。

スポンサーリンク

そして、最近メキメキ商品開発に力を入れているのが、セブンイレブン タイ。

これまでは代わり映えしない商品に飽き飽きしていましたが、一昨年くらいから、行くたびに新商品のパンやお弁当が並ぶようになりました。

セブンイレブン タイはファミリーマートをライバル視しているらしく、ファミマの近くにはセブンが必ずオープンします。

そんなセブンイレブン タイからおすすめのプライベートブランド商品をご紹介したいと思います。

セブンイレブン、タイ、プライベート商品、カプチーノケーキ

チルドコーナーに並ぶ、ケーキは2種類。

以前ご紹介した”クラシックチョコレートケーキ”と今回ご紹介する”カプチーノケーキ”です。

コンビニ:セブンイレブン タイ
商品名:カプチーノケーキ
購入価格:35バーツ

セブンイレブン、タイ、プライベート商品、カプチーノケーキ
チョコレートケーキ同様、二層のスポンジにコーヒークリームがサンドされています。
上のカプチーノクリームとココアパウダーがほろ苦くて、なかなか美味しいです。
スポンジは日本のふわふわしっとりのスポンジまではいきませんが、普通に美味しいです。
クラシックチョコレートケーキは、結構ねっとりした甘さでしたが、カプチーノはほろ苦さがでていて、これなら日本人ウケしそうです。

見た目

セブンイレブン、タイ、プライベート商品、カプチーノケーキ
三角の可愛らしいケーキは、セブンイレブンタイのオリジナルブランドとして今年にはいり売り出すようになりました。
厳重にプラスチック製の容器に包まれているので安心。
ケーキの上にはココアパウダーがかかっていて、見栄えもGoodです。
大きさも価格も手頃なので、お子さんのおやつや食後のデザートにピッタリですね。

セブンイレブン、タイ、プライベート商品、カプチーノケーキ

最後に

コンビニに限らずスーパーやホームセンターでも、お店の名前やマークがついた商品をよく見かけるようになってきているタイ。
その中でもセブンイレブン タイの商品クオリティは高いと思います。

-タイ移住
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.