ライフスタイル

バンコクで"マクロビオティック"を取り入れてるレストラン『サラディー』でキンジェ料理を堪能

更新日:

サラディー、バンコク、チョンノンシー、キンジェー、マクロビオティック

今日はチョンノンシー駅から徒歩5分くらいの所にある、『saladee/サラディー』に来ています。

スポンサーリンク

『saladee/サラディー』は雑穀レストランとして、バンコクに住む日本人、特に女性の間で密かに人気のお店で、マクロビオティックを意識したお店です。

ちょうど今タイでは、太陰暦の9月1日から9日(今年は10月15日から23日)まで、タイではキンジェー(菜食週間)を迎えています。

この期間、ヤワラートなどの華僑が多く住むエリアでは、「齋」と書かれた旗やステッカーを掲げているレストランや屋台が多く見られ、人々は肉類を避けて食事をする習慣があります。

中国華僑の文化であり、これを実践するタイ人は何割ほどいるかはわかりませんが、コンビニ、スーパー、レストラン、カフェ、屋台など街の至る所で行われています。

サラディー、バンコク、チョンノンシー、キンジェー、マクロビオティック
逆に日本人からしてみると、野菜中心の料理が食べられるのはとても珍しいことで、貴重な3週間だといえます。
『saladee/サラディー』はヘルシーアンドハッピーフードをテーマに健康に配慮した料理を得意とするレストランなので、早速キンジェのマークがついている、野菜尽くしのグリーンカレーカレーセットを注文しました。

最初に可愛い器で出てきたのは、とろみのある赤米のスープ。
素朴な味で、余計な調味料が入っていなく、からだの隅まで染み渡る感じがします。

サラディー、バンコク、チョンノンシー、キンジェー、マクロビオティック
メインのグリーンカレーは、大きなプレートで3種類の小鉢がついてきて、かなりボリュームがあります。
野菜を使った日本の味の小鉢はどれも美味しく、少しの量なのに満足感が得られます。
ジェのグリーンカレーは鳥肉の代わりにお豆腐で代用。
ご飯は五穀米を使っており、野菜たっぷりのグリーンカレーと相性が抜群です。
意外と品格的辛さのカレーです。

『saladee/サラディー』のスペシャルランチセット(11:00~14:00)

■Aセットグリーンカレー(150バーツ)キンジェー
焼きナス生姜、アマラシサス入りポテトサラダ、オクラトマト奴

■Bセット 豚キムチチャーハン(180バーツ)
ピリ辛コンニャク、アマメシバのおひたし、オクラトマト奴

■Cセット 鴨うどん(200バーツ)
きんぴら、いろいろキノコのなめたけ、オクラトマト奴
ゆで卵プラス20バーツ

※それぞれフルーツと、スープが付きます。
赤米のスープ、パンプキンスープ、ワカメのスープ

お店を経営しているのはオーナーであり、野菜ソムリエの青澤さん。
とても気さくな方で野菜と、健康に関し色々とアドバイスをしてくれます。
お店でも販売している、パパイヤ茶を試飲させていただきました。
パパイヤ茶は満腹感が得られ、体に凄くいいのだとか。
苦味が少しあり、確かに体に良さそうな味をしています。

お弁当デリバリー

配達エリア:シーロム、サトーン、アソーク
所要時間:受付は一時間前+配達時間
受付時間:10:00~18:00
デリバリー代金:300バーツからの注文/デリバリー代金60バーツ
600バーツ以上/デリバリー代金無料

最後に

お店の雰囲気は天井が高く、モダンで落ち着いた雰囲気があり、静かに食事を楽しむことができます。
また様々な健康食品をお店で販売していたり、独自のお弁当の配達も行っており、マクロビオティックに興味がある人や、さっぱりの日本食が恋しくなったら『saladee/サラディー』をお勧めします。
ドリンクも50バーツ前後ととても良心的な価格なので、お茶利用にも最適だと思います。

-ライフスタイル
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.