フード

レア食感のチーズタルト「PABLO」サイアムパラゴン店

更新日:

レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店

バンコク中心部の高級デパート「Siam Paragon(サイアムパラゴン)」

そのG階に、タイ初上陸となる「焼きたてチーズタルト専門店PABLO Bangkok Siam Paragon Mall店」がオープンしました。

2016年10月27日に第一号店がオープンしてから、毎日長蛇の列が出来ていたほど話題に。

現在はブームも少し落ち着き、さほど並ばずに購入できます。

レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店

場所はサイアムセンター側よりの入り口にドドーンと構えています。

実は「PABLO(パブロ)」は大阪発祥の洋菓子店。

スポンサーリンク

TVや雑誌など様々なメディアで行列ができると評判の焼きたてチーズタルト専門店です。

カウンターの裏側に開放的なシートも用意しているので、焼きたてをその場で食べることもできます。
レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店

「PABLO(パブロ)」が他と異なる最大の特徴は、絶妙な焼き具合のとろける”ミディアム食感”です。

今までになかった食感で“チーズケーキの革命”を起こし、常に独自の個性を放ち続け、芸術の世界で革命を起こした「パブロ・ピカソ」のように、と願いを込めてこの名前がついたのだとか。

“焼きたて”チーズタルトの他にも、ソフトクリームやクッキー、チーズミルフィーユなどもありました。

レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店

チーズタルトメニュー
・プレーン(415バーツ)
・抹茶(475バーツ)
・チョコレート(475バーツ)
・プレミアムチーズタルト(780バーツ)
・プレーンミニ(75バーツ)
・抹茶ミニ(90バーツ)
・チョコレートミニ(90バーツ)

※保冷のバッグ(別料金180バーツ)

■抹茶ミニ(90バーツ)
レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店
帰宅途中に崩れてしまったのが残念ですが、味は変わらないはず。
断面はこんな感じです。
抹茶ムースのような見た目が美しいです。

レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店
抹茶の風味はあまりしませんが、バター香るタルトの部分と甘さ控えめなところがいいです。

この日は店頭に日本人の女性が立っていて、商品説明と冷蔵で3日持つと丁寧に教えてくれました。

■プレーンミニ(75バーツ)
レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店
こんがり焼けたチーズの表面がとても美味しそうです。
使われている材料はバター、クッキー、チーズといった、どれも合わないはずのない組み合わせ。
中はとろとろ、ぷるぷるです。

レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店
チーズ好きにはたまりませんね。
個人的な感想ですが、抹茶より断然プレーンがおすすめ。
チーズタルト本来の味が存分に楽しめます。

ちなみに日本ではプレーン(200円)、抹茶(230円)で購入できるので、ちょっと割高かもしれませんね。

6個入りを購入したほうが少しお得になります。

店舗概要
住所 :991 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
営業時間 :10:00-22:00
定休日 :なし
ホームページ :http://pablothailand.com/

レア食感、チーズタルト、パブロ、サイアムパラゴン店
アクセス :BTSサイアム駅直結。下りエスカレーターを降りた目の前。

最後に

ここ数年バンコクは日本ブームに沸いていて、さまざまな日本のスイーツブランドが進出しています。
例えば、3年前に偽物のお店までできた「クロワッサンたい焼き」や、こちらも昨年上陸を果たした「ベイク」などなど。
オープンしてしばらくはSNSでその噂が拡散して大ブームになりますが、タイ人は熱が冷めるのが早い。
常に最先端のブームを追って、ささーっと散っていきます。
確かにタイの所得から考えると割高なので、デイリー利用には向いていないのかもしれませんね。

北海道生まれのチーズタルト専門店「BAKE」

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.