VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

カフェ

パリ6区にある焼きたてパンとタルトのお店「ブレッド&ローゼズ」

更新日:

パリ6区、焼きたてパン、タルト、ブレッド&ローゼズ

今日ご紹介するお店はフランス・パリにある「Bread&Roses」( ブレッド&ローゼズ)です。

スポンサーリンク

「Bread&Roses」( ブレッド&ローゼズ)は、数多のパリジャン&パリジェンヌの心を鷲掴みにしている人気ブーランジュリー& ブラッスリーです。

2004年にパリ6区オープンし、その6年後の2010年に8区に2号店がオープンしました。

イギリス映画のタイトルをそのまま店名になっているお店は、映画で描かれているように”パン”も”バラ”も大切にするという趣旨からきています。

食材はもちろんのこと、インテリアから空間づくりまで一切の妥協を許さず全てにおいてこだわっているんだとか。

パリ6区、焼きたてパン、タルト、ブレッド&ローゼズ

毎日地下の工房で丁寧に焼き上げられたパンは、オーガニックの粉と天然酵母を使用しています。

またパンと一緒に提供されるお惣菜は、選りすぐった上質な食材を用いたヘルシーでナチュラルなものばかりです。

調味料やドリンクにも手を抜かず、紅茶やジャムはイギリス産、コーヒーはイタリア産の「illy」、バターはフランス産の「エシレ」などが使われています。

その他にもウーロン茶、プーアール茶など定番のお茶をはじめ、雲南緑茶、中国紅茶の正山小種(Lapsang Sauchong)などもおいてあります。

パリの6区は、エルメスを始めとする高級ブティックが並ぶエリアで、セレブが住む高級住宅地です。

お店はガラス張りで、自然光が差し込んでくる明るく清潔感が漂うナチュラルな雰囲気です。

ビルの一階にお店を構える「Bread&Roses」( ブレッド&ローゼズ)では、表にテーブルと椅子が用意してあり、そこでお茶をするパリジェンヌ達ががとても絵になっています。

各テーブルにバラの一輪ざしが飾られ素敵な演出にうっとりしてしまいます。

ショーケースには、様々なタルトや具だくさんのキッシュ、色とりどりのスイーツがずらりと並んでいます。

パリ6区、焼きたてパン、タルト、ブレッド&ローゼズ

お店の奥はベーカーリーコーナー。

ブルターニュ産の珍しい栗の粉や、ライ麦粉、ソバ粉、トウモロコシ粉をなどを用いた天然酵母のパンはもちろんオーガニック。

毎日地下の工房から運ばれてくる焼きたてのパンが味わえます。

料理の価格はは1品18.50€から。

ケーキは9.50€からオーダーできます。

■主なメニュー
・パリブレスト
・ニューヨークチーズケーキ
・チョコレートケーキ
・タルトバナナクリームブリュレ
・スティッキートフィープディング
・モンブラン
・シトロンタルト
・フランボワーズタルト
・ミルフィーユ
・フランボワーズミルフィーユ
・ティラミス
・チョコレートタルト
・チーズタルト
・イチジクのタルト
・フルーツタルト
・スコーン
・マフィン
・カヌレ
・ガレット
・バケット
・クロワッサン
・ブリオッシュ
・パン・デピス
・惣菜系のタルトなど

中でも6種類のキッシュが大人気。(9.5€)

以前TV「弾丸トラベラー」でも紹介されていました。

パリに来たら、忙しい観光の合間に立ち寄りたいお店での一つです。

詳細
住所:62 Rue Madame 75006 Paris
TEL:+33 (0)1 42 22 06 06
営業時間:8:00~19:30
定休日:日曜日
ホームページ:http://www.breadandroses.fr

パリ6区、焼きたてパン、タルト、ブレッド&ローゼズ
アクセス:Saint-Placide(メトロ4号線)から徒歩5分、RennesもしくはNotre-Dame-des-Champs(メトロ12号線)から徒歩5分

最後に

「Bread&Roses」( ブレッド&ローゼズ)は、遅めの朝食にも、お茶利用にもぴったりなお店です。
店内はバラが彩り、女性ならうっとりしてしまうはずです。
食事やドリンクも本格的で、パリに居ながらにしてヨーロッパ各国の食材を一度に味わえるのは最高に贅沢ですね。

-カフェ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.