世界の出来事

海外に行くなら今しかない!自然災害・宗教問題・軍事的な制圧...もう二度と見ることが出来ない遺産に心が痛む

更新日:

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

先月ネパールで起こった巨大地震は大勢の犠牲者を出したと同時に、ネパールの伝統的な遺跡がこの世から消滅してしまいました。

ネパールはインドの上にある内陸部で、比較的地震の少ない国でした。
また世界遺産の古い建物をネパールの人々は誇りのようにとても大切にしていました。

スポンサーリンク

このよう昔ながらの街並みはこの世から一瞬で消え、昔訪れた場所の景色や素朴な人々、そして匂いやその時感じた風はもう二度と感じることはできないのです。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

そして世界文化遺産は大切に守っていかなければならないものですが、世界には様々な問題を抱え、遺産が危機的状況におかれている国もあります。

▪️軍事的な侵略

今年の4月に訪れた雲南省のシャングリラも、以前はチベット独特の技法で作られた古い家々が並ぶ古城として世界文化遺産に認定されていましたが、一昨年前に300棟近くが全焼してしまったのです。

これには一部で漢民族の仕業ともささやかれています。

時代は遡り1951年、チベット政府は中国の軍事的脅威のもとで「17条協定」を結ぶように強いられ、仏教国だったチベットの95%以上の僧院は破壊されてしまいました。

”元々は中国だった”という強引な理屈と、軍事力の脅しにより中国の一部に返還させられたチベットは、多くの僧侶が還俗させ、経典を焼かれ、仏像は持ち去られ溶かされてしまったのです。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない
世界文化遺産が危機なのはチベットだけではありません。

▪️紛争

2014年7月にはダーイシュ(イスラム国)がモスルにある預言者ユヌスのモスクや聖廟(別名ヨナの墓)を破壊したニュースがありました。

2015年3月には、過激派組織がハトラ遺跡とニムルド遺跡を破壊してしまいました。

このように武装勢力や一部の過激派により、大切な遺跡が破壊され観光客の足も遠のいています。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

実際に日本人が行ってよかった観光地は以下の通りです。

1位 サグラダ・ファミリア協会(スペイン)
2位 アンコールワット(カンボジア)
3位 美術史美術館(オーストリア)
4位 ラニカイビーチ(アメリカ)
5位 タージ・マハル(インド)

上位の5つは昔からわりと安定している観光地で、スペインの「サグラダ・ファミリア協会」を訪れる観光客は年々増えきています。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

「アンコールワット」や「タージ・マハル」はツアーで訪れる人が多いようです。

実際に訪れたエリア別の、宿泊予約数はこの通りです。

1位 ベトナム(前年比+160.0%)
2位 香港(前年比+69.7%)
3位 台湾(前年比+34.8%)
4位 アメリカ合衆国(前年比+28.4%)
5位 中国(前年比+10.6%)

※楽天トラベルによる前年同期比ランキングです。

1位のベトナムは、今からおよそ10年前にもオリエンタルな雑貨が魅力と日本人女性の間でブームになっていた時代がありました。

現在は急成長を遂げたベトナムのホーチミン市は北のハノイなどは、タイと似たような雰囲気があり、リゾート開発も進み逆に日本人男性に人気がでてきているようです。

また海外旅行を安く抑えるために、身近な中国や台湾に訪れグルメや買い物を楽しむ人が増えていることがこのランキングからわかります。

もう一つ気がかりなのは、知人が実際に海外を訪れて感じた「人種差別」です。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

▪️宗教・差別

昨年フランスで起こったテロの影響もあり、現在ヨーロッパではムスリムの人に対しての風当たりは強いです。

イスラム教を信仰するムスリムの人々は最近ヨーロッパにも多く住んでおり、ムスリムの人口が増えつつあります。

またアジア人もひとまとめにされ、一部のヨーロピアンから軽い差別を受けています。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

その背景には中国人の旅行者が世界を訪れそのマナーの悪さに、どの国でも煙たがれているのも原因の一つだと思います。

しかし宗教や肌の色が違くても、問題を起こしているのはその中の一部の人たちで、全てその国の人を偏見の目で見てしまうのはとても残念なことだと思います。

どの国にも異なる性質があり、自分の国と同じなんて考えは浅はかです。
中国人の中にも親切で心優しい人は沢山います。

また度々米国でも黒人の射殺事件が報道され、これ以上大きな問題にならないことを願うばかりです。

海外に行くなら今、自然災害、宗教問題、軍事的制圧、もう二度と遺産が見れない

チベット仏教徒にとって大切な2つの聖地も甚大な被害を受けた。1つはボダナート・ストゥーパ。5世紀にゴータマ・シッダールタ(ブッダ)の死の直後に建てられた巨大な仏塔だ。もう1つはスワヤンブナート。5世紀に建てられたストゥーパは別名「モンキー・テンプル」とも呼ばれ、敷地内に聖なる猿の群れが暮らしている。

最後に

世界には守らなければならない遺産が数多くあり、これ以上消えてしまうのは悲しいことです。
しかし自然災害は誰にも予測できないのが恐ろしいです。
日本も火山大国なので、いつどこで大地震が起こるかは時間の問題だと思います。
世界遺産に登録されている遺跡が様々な問題でこの世からなくなってしまうのはとても残念なことです。

-世界の出来事
-, ,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.