子育て

夏ニンプの食事の注意点!食生活が偏りがちな人のためのアドバイス

投稿日:

夏妊婦、食事の注意点、食事が偏る、アドバイス

妊娠中夏場に悪阻が来る人は、夏バテと重なり食生活が乱れがちです。

夏ニンプは少しでも喉ごしの良いもので、尚且つ簡単に口にできるものが喜ばれます。

妊娠中よく食べられる物
1位 アイスクリーム
2位 ジュース
3位 そうめん
その他、ゼリー、果物、プリン、うどんなど

ほとんどの人が何か一つのものにハマって、そればかりを食べる傾向があります。

ちなみに私は妊娠初期はタイに住んでいたため、口にできるものがあまりなく、ひたすら無糖のヨーグルトを食べていました。

妊娠中すぐに何か食べたい時にお勧め
・ドライフルーツ
・ミックスナッツ
・コンフレーク+牛乳
・ところてん
・果物
・無糖ヨーグルト
・たまご豆腐
・ミニトマト
・枝豆
・ところてん

夏妊婦、食事の注意点、食事が偏る、アドバイス

しかし、体にいいと言って一つの物を食べ過ぎるのはあまりよくありません。

食べ物の注意点

1、栄養があると思い果物ばかり食べてしまう。

ビタミン類の補給には欠かせない果物ですが、意外に果糖が多く含まれているため、同じ果物ばかり取るのは注意が必要です。

夏妊婦、食事の注意点、食事が偏る、アドバイス

2、暑いからついつい冷たいものが食べたい

暑さに加え悪阻で食欲もない時はついアイスや冷たい飲みのもばかり摂ってしまいがちです。
冷たいものは消化機能が低下して、下痢や便秘も引き起こしてしまうので、温かいものと適度に摂るのがベスト。

3、家事を軽減するために外食三昧

悪阻の時はご飯の匂いで吐き気を催したり、妊婦にとって自炊はきついものです。
たまには外食やファストフードに頼るのはいいと思いますが、塩分やカロリーのとりすぎには注意が必要です。

4、こまめに水分補給したい飲み物

普段からあまり水やお茶を飲まない人には大変かもしれませんが、妊婦にあった飲み物は水、炭酸水、ノンカロリーのお茶がいいそうです。
夏なので昔から飲まれている麦茶がお勧めです。

5、麺類ばかり食べるのも実は落とし穴

喉ごしがよく、さっぱりとした味付けの麺類は妊婦には救世主です。
しかしそれだけを食べていると栄養も偏ってしまうので、ゆで卵やトマト、きゅうり香味野菜などを加えることでバランスがよくなります。

夏妊婦、食事の注意点、食事が偏る、アドバイス

最後に

食事の基本は3食たべることですが、この時期食欲が落ち食べても気分が悪くなってしまうので、無理せず食べれる時に食べれる物を口にするしかありません。
時期や長さは個人差がありますが、辛い悪阻を何とか乗り越えましょう。

-子育て
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.