Food

「クロナッツ」の次はコレ!!シカゴ発、クロワッサンとドーナツをかけ合わせた”ハイブリットスイーツ”「ウォーナッツ」が気になる!

更新日:

クロナッツの次、シカゴ発祥、ワッフル、ドーナツ、ハイブリットスイーツ、ウォーナッツ

今アメリカのニューヨークでは、進化系のデザート「ハイブリットスイーツ」が人気です。

「ハイブリットスイーツ」とは、その名の通り2種類のスイーツを掛け合わせて作ったお菓子のこと。

その発端は、米国ニューヨークの「Dominique Ansel Bakery」(ドミニク・アンセル・ベーカリー)のシェフ、ドミニク・アンセルさんの発案によるクロワッサンとドーナツからなる、新しいペイストリーブランドです。

この話題の”クロナッツ”を買うために、毎日オープン前からお店の前には行列ができ、当時は類似品や闇ルート販売も行われていたほど大ブームになりました。

クロナッツの次、シカゴ発祥、ワッフル、ドーナツ、ハイブリットスイーツ、ウォーナッツ

その他のハイブリットスイーツ
・クロワッサン×クッキー=クロッキー

・クロワッサン×デニッシュ=クロデニッシュ

・クロワッサン×カップケーキ=クラップケーキ

・クロワッサン×マフィン=クロワッサンマフィン

・クロワッサン×タイヤキ=クロワッサンたい焼き

・クロワッサン×ベーグル=クレーグル

・ワッフル×アフォガート=ワフォガート

・ワッフル×ドーナツ=ウォーナッツ

・マカロン×ドーナツ=マカナッツ

・マカロン×マシュマロ=マロマック

・フレンチトースト×ワッフル=フレンチワッフル

・ティラミス×ロールケーキ=ティラミスロール

・フレンチトースト×カステラ=カステラフレンチトースト

・クッキー×ケーキ×ビスケット=ビスキー

・タルト×ブラウニー=タウニー

・ドーナツ×タルト=ドナルト

今日ご紹介するのは、Waffle(ワッフル)× Donut(ドーナツ)の組み合わせで完成した「Wonut(ウォーナッツ)」です。

クロナッツの次、シカゴ発祥、ワッフル、ドーナツ、ハイブリットスイーツ、ウォーナッツ

この「ウォーナッツ」を考案したのは、シカゴのワッフル専門店『Waffles Cafe(ワッフル・カフェ)』。

スポンサーリンク

ワッフルの生地を通常通りワッフルメーカーで焼いた後、ドーナツの容量で揚げて作る「ウォーナッツ」は、ワッフルよりも表面がサクサクで、中はしっとりとした食感が楽しめます。

さらに上からアイシング(シロップ)やチョコレート、ナッツなどを使いデコレーションしていきますが、ワッフルならではの特徴はこの凹凸。

凹凸部分にアイシングがしみ込み、かなりの甘そうなイメージ。

形は丸と四角のワッフルで、チョコレート生地やレッドベルベットなどカラフルに仕上げてあります。

クロナッツの次、シカゴ発祥、ワッフル、ドーナツ、ハイブリットスイーツ、ウォーナッツ

バターたっぷりのワッフルとクロワッサン生地を油で揚げ、いかにもアメリカらしいトッピングはとても可愛いのですが、少々カロリーが気になります。

ウォーナッツメニュー
・メキシカンチョコレート
・グリーンティー
・ワッフルフリット
・レッドベルベット
・トロピカルチョコレート
・リエージュワッフル
・ブリュッセルワッフル
(1個/2.35ドル)

中でも人気なのは”メキシカンチョコレート”と”グリーンティー”だそうです。

クロナッツの次、シカゴ発祥、ワッフル、ドーナツ、ハイブリットスイーツ、ウォーナッツ

その他、アメリカを代表するブレックファストには欠かせないフレンチトーストやパンケーキメニューも豊富にあります。

詳細
住所:3611 N Broadway 203 E Ohio Chicago,IL
TEL:773-281-8440 / 312-374-3800
営業時間:日-木8:30~20:00 / 金、土8:30~21:00

最後に

全米だけでなく、日本でも大成功した「クロナッツ」。
その後を追うように、様々なスイーツをかけ合わせた”ハイブリットスイーツ”が続々と登場しています。
中でもザ・アメリカといったコテコテの甘さの「ウォーナッツ」の見た目はとても可愛く、女子の気をひいています。
クロワッサン生地は他の食材と相性がよく、掛け合わせやすいのが特徴で、バターたっぷりのカロリーが気になりますが、今後も目が離せなそうです。

-Food
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.