フード

イギリスのアフタヌーンティーの定番『クランペット』外はカリカリ、中はもっちり食感の新スイーツ!

更新日:

新スイーツ、クランペット、ブーム、イギリス、アフタヌーンティー

スポンサーリンク

『Crumpets/クランペット』とはイギリス発祥のパンケーキ。
イギリスでは朝食やティータイムによく登場し、スーパーでも売られている身近な物なのだとか。

イーストとベーキングパウダーを使って生地を発酵させ、小麦粉を使った見た目はイングリッシュマフィンのようなパンケーキです。
表面はカリカリ、中はもちもちとした食感が楽しめます。

新スイーツ、クランペット、ブーム、イギリス、アフタヌーンティー

■クランペットの主な材料

小麦粉
ドライイースト
ベーキングパウダー
温めた牛乳
お湯

砂糖

イギリスの伝統的な食べ方は、串にさして暖炉で炙ってから、たっぷりのバターやハチミツをつけて食べます。

表面にはポツポツと穴が開き、そこにしみ込むバターやハチミツが食べる度に口の中に広がり、贅沢な味わいです。

新スイーツ、クランペット、ブーム、イギリス、アフタヌーンティー

イングリッシュブレックファーストと一緒に、アフタヌーンティーに並ぶ、イギリスでは定番のおやつ。

新スイーツ、クランペット、ブーム、イギリス、アフタヌーンティー

生地自体には味がついていないので、塩バター、ジャム、メープルシロップ、はちみつ、チョコレートシロップ、チーズ、レモンカードがよく合います。

また食事系のトッピングには、ベーコン、ポーチドエッグ、サーモン、クリームチーズ、アボカドペーストなどがと相性がいいです。

モチモチ食感が大好きな日本人にはぴったりの、新スイーツが新たなブームになりそうな予感です。

新スイーツ、クランペット、ブーム、イギリス、アフタヌーンティー

■都内で食べれるお店

「cafe Crumpets/カフェクランペット」
住所:東京都世田谷区中町5-31-8
ホームページ:http://www.cafe-crumpets.com/

■横浜で食べられるお店

「Bar Plaisir/プレジール」
住所:神奈川県横浜市南区港南台4-3-1 ビーバービル2F
ホームページ:http://www.bar-plaisir.com/index.html

最後に

パンケーキ、フレンチトースト、ワッフルクロワッサンと続き、様々な海外の朝食スタイルが日本でブームになりましたが、最近はこのイギリスの『Crumpets/クランペット』が密かなブームになりつつあります。
『Crumpets/クランペット』はスイーツというより食事系の具材に合うので、甘いのが苦手な人にも好まれるのではないでしょうか。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.